映画って本当に良いものですねぇ~♪ 映画78本目『恋愛小説家』

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映画78本目『恋愛小説家』

本日は久々のヒューマンです。
この作品は、私がこのブログを始める以前に一度観てすごくいい作品だな~と
思っていたものですが先日BS?で放送が有ったのでしっかり録画しておいたものです。
本日ご紹介するのは『恋愛小説家』です。

恋愛小説家

~ストーリー~

主人公メルヴィン(ジャック・ニコルソン)は売れっ子恋愛小説家。
町の女性達はこんなに女性心を描ける男性ってどんな人なのだろうと胸をときめかせながら彼の作品を読んでいます。
そんなメルヴィンですが、実生活の方はなんとも偏屈な生活をしています。
極度の潔癖症(正確には強迫神経症ですが)で人と肩がぶつかるのを極度に避け、道路の溝は汚れが詰まっているかも知れないから避け、手を洗う時にも一回の手洗いで新しい石鹸を1つ出しては捨ててと言うのを三回位繰り返します。
勿論近隣住民との交流も皆無に等しく、特に隣人のサイモン(グレッグ・キニア)とは、特に彼の飼っている犬が嫌という理由で緊張関係にありました。(メルヴィンはサイモンのいない隙に彼の飼っている犬をゴミ箱に捨ててしまう始末)

そんなある日、サイモン家が強盗に襲われます。物音を聞いて匿名で通報したのが隣人のメルヴィンでした。
そして、ひょんなことから彼はサイモンの犬をサイモンが入院中に預かることになってしまいます。始めはいらいらするメルヴィンでしたが次第に犬との距離も縮まっていきます。
翌朝メルヴィンはいつも食事をするレストランへ行きます。そこにはいつも彼の応対をするキャロル(ヘレン・ハント)がいました。ここでも彼は毎日同じ席に座りたがり、自前のプラスチックフォークを使って食事をする等やりたい放題・・・
そんな彼の様子に他の店員は辟易しているのですが、キャロルだけはそんな中でも丁寧な応対をしてくれるのでした。

食事の帰り道、メルヴィンは犬が道の溝を飛び越えて歩いているのに気が付きます。
「お前も溝が嫌いか!!」一気に打ち解けるメルヴィン(笑)こうして二人?の距離は一層縮まるのでした。

そして、サイモンが退院してきます。しかし彼は多額の治療費を抱え破産寸前に。借金を友人に頼むのですが誰も彼に金を貸してくれる人はいませんでした・・・。最後の頼みはサイモンの両親。メルヴィンはサイモンが両親に会いに行く際の運転手を頼まれます(サイモンは大けがをしているのでまだ車を運転できる状態では有りませんでした。)嫌々ながら引き受けるメルヴィンでしたが彼は他にもう一人の女性をこの旅に誘います。それがキャロルでした。

キャロルにはスペンサーという一人息子がいます。彼はひどい喘息とアレルギーですが、キャロルが満足な治療費を払えないために十分な治療が受けられないでいました。彼が急に発作を起こすためにキャロルは職場を休むことも・・・。メルヴィンにとっては彼女が給仕してくれないと食事が出来ないと言うことで、編集者に頼み込んで優秀な医者をキャロルの家に派遣します。突然のことに驚くキャロル。メルヴィンには食事がしたいという想いとは別の気持ちが芽生えていました・・・。

旅の途中、メルヴィンとキャロルは2人で夜の町へ繰り出します。2人の気持ちは盛り上がります。メルヴィンも何とかムードを作りますが、肝心な所でいつもの余計なひと言が出てしまいキャロルはすっかり機嫌を損ねて先に帰ってしまいます。恋愛小説家らしからぬメルヴィンの不器用さが何とももどかしいシーンです。

こうしてメルヴィンとキャロルは気まずいまま、旅は終わります。サイモンは結局両親に借金せずメルヴィンの好意でメルヴィンの家に居候することになりました。そんなメルヴィン家に一本の電話が・・・キャロルからでした。サイモンの応援を受けて慌てて電話を取るメルヴィン。 2人の関係はどうなる?三人に幸せは訪れるのか??DVDで是非ご覧ください

~感想~
非常に良いです!それぞれに人生を楽しめていない三者が不器用ながらも交流を始め、その中で恋が生まれて物語が動き出す・・・。観ていて飽きがきません。
あと、この作品を観ていて思いだしたのが、フジ系列で放映された阿部寛主演のドラマ『結婚できない男』に雰囲気が似ているな~と言うことです。犬嫌いで皮肉屋の主人公がどちらも共通しています。もしかしたら脚本の尾崎さんはこの作品から着想を得たのかもしれませんね。

一つ物足りないとすれば夜のレストランでメルヴィンがキャロルに対して言うセリフの日本語訳でしょうか。
You make me want to be a good man.(聞き取れてなかったらすいません(;´▽`lllA``)
この和訳が「良い人になりたくて」となっていたのがね~^^;
これだと「君のお陰で」っていうニュアンスがうまく伝わらない気がしました。
だからと言ってどう訳せばいいかなんてことを言える立場ではないですけどね(笑)


その他の記事はコチラから
■自己紹介
■アクション
■アドベンチャー
■アニメ映画
■SF
■コメディ
■サスペンス(パニックムービーを含む)
■社会派映画
■時代劇
■ヒューマン(ノンフィクションを含む)
■ファンタジー
■本
■就職活動

■雑記
■トップへ戻る


■この記事を評価して、関連の人気記事もチェック!

★★★★(素晴らしい)
★★★☆(すごい)
★★☆☆(とても良い)
★☆☆☆(良い)
by TREview

スポンサーサイト

テーマ : ★おすすめ映画★
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

まとめプラグインv2
05 | 2017/06 [GO]| 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

コメント一覧 トラックバック一覧 プロフィール
WEBコンサルティング・ホームページ制作のバンブーウエイブ
ブログ内紹介アイテム
広告
最新記事
カテゴリー 映画検索はこちらから
ブログ内検索 映画タイトルを入力
FC2カウンター
広告その2
季節のおススメ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

あなたも始めるFC2!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。