映画って本当に良いものですねぇ~♪ 映画7本目『父親たちの星条旗』

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映画7本目『父親たちの星条旗』

お久しぶりになってしまいましたがこんばんは^^ 本日ご紹介する映画は、
クリント・イーストウッド監督『父親たちの星条旗』です
父親たちの星条旗
この作品は2006年公開の作品で第二次世界大戦中の「硫黄島の戦い」を舞台にしているのですが、今回紹介する作品はこの戦いをアメリカ側の視点から描いた映画となります。同年公開の『硫黄島からの手紙』はこの戦いを日本側の視点から描いた作品です。同じ監督が二つの視点から描くというのはなかなか珍しい試みではないでしょうか^^
ちなみにこの『父親たちの星条旗』は第49回ブルーリボン賞第30回日本アカデミー賞最優秀外国作品賞を受賞した作品です


お話は、一人の老人が硫黄島の戦いを回想するところから始まります。彼の名前は
ジョン・”ドク”・ブラッドリー。彼は衛生兵として1945年、硫黄島の戦いに海軍に従軍して参加していました。その戦いにおいて彼は「英雄」という輝かしい栄誉を獲得することになります。この栄誉を獲得した行動というのは「硫黄島にある擂鉢山に星条旗を掲げたこと」でした。しかし、その裏にはある秘密が・・・

その星条旗は6人が協力して掲げたものでした。その内半数は後の戦闘で戦死し、生き残ったジョンレイニー、北部先住民のアイラの3人が、軍資金獲得のための国債発行キャンペーンの目玉として本土へ帰還されることになります。

3人はそれぞれ、「本当の英雄は戦地で命を落とした者たちであって、自分達は弾を避けて生き延びただけだ」という思いに駆られます。「まだ戦闘が続く中、 本当に我々が英雄と呼ばれ本土で優雅なパーティーや式典に参加していていいのか」と。
更に3人には口にしてはならない
秘密がありました。ネタばれになってしまうので書きませんが、その秘密の存在が3人の心に 更なる葛藤を生み出すこととなります

加えて先住民のアイラに対しては、英雄と知ってか知らずか「先住民のくせに」という冷たい目線や言葉が投げかけられます。。。また、自分達が演じる「作り上げられた英雄」にも飽き飽きし、ついに彼は戦場に戻ること となります。
その後3人は無事にそれぞれの終戦を迎えることとなります。彼らの運命はどうなってしまうのか・・・続きは是非、実 際にDVD等でご覧下さい




感想としてまず一番に感じたことは「戦争は絶対にしてはならない」とい うことです
敗者にとっては勿論苦しいもの(一言で言い足りるようなものでは到底ないですが)ですが、勝者にとっても決して喜ばしいことばかりではないということを感じました。


作中では国の戦略の為に正当な評価を受けられずに亡くなる人がいます。。。戦争と言う混乱状態の中では戦績が正当に認められないケースがどうしても生じるのは仕方のないことですが、そもそも戦争を起こさなければこうした悲しい事実は防ぐことが出来ます。

また、更にひどいことに帰還した3人と遺族が面会する場面が有るのですが、遺族の心理を察すると非常に胸が痛みます。 例え戦争に勝ったとしても、彼ら遺族の息子は決して戻ってくることはありません。何よりも大切 な人の命が、いとも簡単に奪われてしまうのです。


今年も夏が近づいてきました。広島・長崎に投下された原爆の被害やその悲惨さと共に、戦争とは何なのか、今一度深く考えさせられる映画だったと思います。 皆さんもぜひご覧ください。


その他の記事はコチラから
■自己紹介
■アクション
■アドベンチャー
■アニメ映画
■SF
■コメディ
■サスペンス(パニックムービーを含む)
■社会派映画
■時代劇
■ヒューマン(ノンフィクションを含む)
■ファンタジー
■本
■就職活動

■トップへ戻る


スポンサーサイト

テーマ : 映画レビュー
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

まとめプラグインv2
09 | 2017/10 [GO]| 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

コメント一覧 トラックバック一覧 プロフィール
WEBコンサルティング・ホームページ制作のバンブーウエイブ
ブログ内紹介アイテム
広告
最新記事
カテゴリー 映画検索はこちらから
ブログ内検索 映画タイトルを入力
FC2カウンター
広告その2
季節のおススメ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

あなたも始めるFC2!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。