映画って本当に良いものですねぇ~♪ 映画61本目『私の頭の中の消しゴム』

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映画61本目『私の頭の中の消しゴム』

こんばんは^^いよいよクリスマスが近づいてきましたね
日本ではキリスト様がうんぬんとかいうよりも、恋人達の日という感じですけども(*^_^*)
まっ、それはそれで良いんだと思います
そんなわけで今恋人がいる方はその方とキュンキュンして頂ければと思いますが、
クリスマスイブ・クリスマスと用事のない私もキュンキュンしたい!!!と言うことで
純愛映画を本日はご紹介『私の頭の中の消しゴム』です
ちなみにこの作品、韓国の原作作品のように思われがちですが、2001年に
日テレ系で放送された永作博美・緒方直人主演の『Pure soul 君が僕を忘れても』
というドラマが原作となります^^ 韓国映画ですがルーツは日本と言うことですね

私の頭の中の消しゴム

~ストーリー~
主人公スジン(ソン・イェジン)は建設関係の会社を経営する父を持つ社長令嬢です。
日頃から健忘症がひどいなぁとは思っていたのですが、最初は「物忘れが多いのよね」
位にとらえていました。
そんなスジンはある日ひょんなことから工事現場で働くチョルス(チョン・ウソン)と出会い一目ぼれしてしまいます。しかし相手は現場監督、私は社長令嬢と言うことで不釣り合いな恋・・・。しかも後になってチョルスはスジンのお父さんの会社で働く現場監督であることが判明します

ますます結婚は難しいかと思われましたが、チョルスは懸命に努力し建築家の免許を取りますついにスジンの父親からの了承も得て二人は結婚することに。
二人の幸せな結婚生活が始まります。チョルスは仕事現場に愛妻弁当を持って出かけます。そこで同僚から「愛妻弁当ですか~??」等と冷やかされながら弁当箱を開いてみると,
一段目にも二段目にもご飯が・・・
これは何か怪しいと思ったチョルスが確認してみると、スジンは若年性アルツハイマー病にかかっていることが判明しますそれは徐々に記憶障害が進行し、肉体の死より先に精神の死が訪れる完治の難しい病気でした。

スジンの頭の中からチョルスの記憶はどんどん消えていきます。チョルスに向かって違う男の名前を呼び、「愛してる」と言ってしまうスジン。。。スジンが本当に愛していた男は自分なのか、違う男なのか・・・悩み苦しむチョルスですが時折スジンの記憶がふと戻る時が有り、その時にスジンがしたためた手紙には猛烈な反省が記されているのでした。
チョルスは大きな葛藤を抱えながらも、スジンを愛で包み、最後まで支え尽くす決意をします。

二人の将来はどうなってしまうのか?感動のラストはいかに??続きはDVDでご覧下さい


~感想~
大号泣です後半30分は涙垂れ流しで観てました。・゜゜・(lll>_<、lllll)・゜゜・。
正直に告白すると、「韓国映画だし、大したことないんじゃないの??」という先入観を持ってしまい今まで観ていませんでした。

・・・韓国映画さん、すいませんでした<m(__)m>って感じです

愛する人の記憶が消えてしまうことを考えるとスジンの切なさも痛いほどに伝わりますし、
同時に、愛する人の中から自分の記憶が消えていってしまうのを感じながらも寄り添うチョルスの愛の深さにも涙です。
こんなに泣いた映画は今までなかったかもしれません。。。
個人的には「おすぎも泣いた!ピーコも泣いた!」みたいなキャッチコピーが似合う映画です←

一人身で涙するのもオッケーですし、カップルで観てお互いの愛を再確認するのも良いかも知れませんね

ただ、アルツハイマーを扱うと言うことで博士の愛した数式に雰囲気が似てしまいます^^;
(こちらは2004年に原作は出来ていますが映画公開は2006年、ちなみに私の頭の~は2004年に映画公開です)
私自身は先に博士の愛した数式を観ていたので、題材が似てるからな^^;と感じてしまいました。話の内容的には全然異なるものなので、両方観て頂くとアルツハイマーについても少し感じることが出来るのではないかと思います。

後は、ちょっと残念な点として前半で身分違いの恋を成就させる展開が有るのですが、そこがかなりあっさり描かれています。韓国ドラマとかだと第120回とかあるので、それに比べると随分ざっくり展開したな~って感じです。前半でスジンがチョルスの精神的支柱となって、その結果チョルスが建築士の免許を取るという所がもっとはっきり描かれていたら、後半今度はチョルスがスジンを大きな愛で包み込むと言う所により感動が得られた気がします。

それからもう一点だけ(;´▽`lllA`` 後半部分でアルツハイマーになったスジンが以前付き合っていた男性を、今結婚している旦那さんだと勘違いして家に招き入れてしまうシーンが有ります。その後、チョルスが家に帰って来て前の男と鉢合わせになり、怒り狂ったチョルスがその男をボコボコにするのですが・・・ボコボコにしすぎだろって感じです
顔中血だらけになって更に踏みつけられてみたいな描写が有ります^^;
日本なら多分、怒りに震えたチョルスが涙しながら前の男を殴っていることが分かるようなアングル(チョルスがマウントポジションで、そこから泣きながら拳を振りおろす感じ)位で十分だろうと思います
殴られてる側のボコボコ感をしっかり出しちゃう辺りが国民性の違い?かなぁと思いました。

そのシーンの前までで私はかなり泣いていたのですが、ボコボコのシーンで少し冷めてしまったのが残念
でした

その他の記事はコチラから
■自己紹介
■アクション
■アドベンチャー
■アニメ映画
■SF
■コメディ
■サスペンス(パニックムービーを含む)
■社会派映画
■時代劇
■ヒューマン(ノンフィクションを含む)
■ファンタジー
■本
■就職活動

■雑記
■トップへ戻る




■この記事を評価して、関連の人気記事もチェック!
★★★★(素晴らしい)
★★★☆(すごい)
★★☆☆(とても良い)
★☆☆☆(良い)
by TREview

スポンサーサイト

テーマ : ★おすすめ映画★
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

まとめプラグインv2
07 | 2017/08 [GO]| 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

コメント一覧 トラックバック一覧 プロフィール
WEBコンサルティング・ホームページ制作のバンブーウエイブ
ブログ内紹介アイテム
広告
最新記事
カテゴリー 映画検索はこちらから
ブログ内検索 映画タイトルを入力
FC2カウンター
広告その2
季節のおススメ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

あなたも始めるFC2!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。