映画って本当に良いものですねぇ~♪ 映画46本目『ランボー 最後の戦場』

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映画46本目『ランボー 最後の戦場』

最近こてこての洋画アクションを観ていなかったと気付いたしゅんですw
そんなわけで本日はこてこての洋画アクション『ランボー 最後の戦場』
をお届けします。

ランボー 最後の戦場
この作品、シリーズで初めてシルヴェスター・スタローンが監督の作品と言うことで
随所に彼の思いが散りばめられた作品です。
それでは、作品のストーリーに入る前にまずシルヴェスター・スタローンについて少しお話。


シルヴェスター・スタローンは出産時に産婦人科医に顔面の左側の神経を傷つけられた
事から舌足らずな話し方になってしまいました。幼少期にはそれが原因でいじめられることも有り本人にもトラウマとなっているようです。
そんないじめをはねのけるために自らの体を鍛えることに目覚め、中学生くらいになるとケンカに明け暮れる荒れた生活を送るようになります。いくつもの学校から退学処分を食らうような少年時代でした。
そんな生活を続ける中で、住む家もなくなり仕方なくポルノ映画に出演する等して何とか食いつないでいた彼でしたが、こんな彼の生活を変える転機となったのが1975年の
「モハメド・アリ対チャック・ウェプナー」の試合を観戦した時でした。
この試合に感銘を受けた彼は三日で『ロッキー』を書き上げます。
早速『ロッキー』の脚本を映画配給会社へ売り込みに行ったスタローン。
配給会社の反応も良く、大金と引き換えに『ロッキー』の脚本を譲り受けたいと言う
ところまで話が進みました。
しかし彼は「自分が主役でなければ、この脚本を渡すことはできない」
と固辞します。最終的に彼の主張が認められ、スタローン主演の『ロッキー』が完成します。
当時無名俳優だった彼が主演の映画と言うことで超低予算で作られた作品でしたが、その脚本の素晴らしさから徐々に反響を呼ぶ作品となり、ついに
アカデミー賞最優秀作品賞を獲得するまでになります。
荒んだ生活から一夜にして大金を手にした彼のストーリーは今でも
アメリカンドリームの典型として語り継がれています。

さてさて、いよいよ映画の紹介に入ります。

~ストーリー~
主人公ジョン・ランボー(シルヴェスター・スタローン)は元グリーンベレーのベトナム帰還兵です。現在は戦いの場からは離れ、タイ北部で毒蛇を捕まえて売ったり現地のガイドをしたりして生計を立てています。
ある日、そんな彼の元にNGOのメンバーがやってきます。依頼の内容は「隣国のミャンマーまで道案内をして欲しい」というものでした。民間人のNGOメンバーを軍事政権下で危険の残るミャンマーに送ることは危険だと判断し最初は断るランボーでしたが、NGOメンバーの一人サラ・ミラーの熱心な姿に、ついに承諾することになります。
無事にNGOメンバーをミャンマーに送り届けることに成功したランボーでしたが、数日後、彼らがミャンマー軍に拘束されたという事実を知ります。NGOの支援者、アーサー・マーシュからの依頼も有り、NGOメンバー救出のための傭兵団の一員としてランボーも久々の戦地に赴くことになります。
軍事政権下のミャンマーには悲惨な光景が広がっていました。制圧した村の村人を、地雷を投げ込んだ水田の中に放り投げて走らせたり・・・そんな残忍な光景に耐えきれなくなったランボーは持参したコンパウンド・ボウの弦を引きます
果たして、ランボーは村人たちを守ることが出来るのか?NGOメンバーを無事救出できるのか??ミャンマー軍を撃退することは??全てはDVDでご覧下さい^^

~感想~
流石ですねぇ~スカッとします!朝イチで観ると一日アドレナリン大爆発で生活できそうです(今朝観ました<(`^´)>w)
今回の作品は今までのシリーズとは異なり、スタローンの意向も有って戦車や攻撃ヘリなどの派手な装備は登場しません。
リアルな戦場を正確に伝えたいという彼の思いを感じることが出来て好感が持てます。実際にミャンマーの解放軍に参加した元傭兵の高部正樹氏も実際のミャンマーの戦場に基づいたためであり、実際の戦場ではヘリや戦車などは使われていないと述べています。
(参考ウィキペディア:
ランボー 最後の戦場
人間と人間がぶつかり合う、戦争の激しさを感じることが出来ます。
このシリーズに関しては2010年に続編が公開されると言う話が有りましたが、制作は中止になってしまったようです^^;



~この映画にハマった人へ~
『十三人の刺客』 日本のアクションでリアリティを追求した映画と言えばこれ!
『シャーロックホームズ』 ランボーよりもう少し爽やかなアクションが観たい方にはこれ!
『沈黙の戦艦』 『暴走特急』 スティーブン・セガールもいかがですか?個人的には暴走特急がよりおススメ!
『レッドブル』 こちらはシュワちゃん。ストーリーのしっかりしたアクション映画が観たい方にはこれ!


その他の記事はコチラから
■自己紹介
■アクション
■アドベンチャー
■アニメ映画
■SF
■コメディ
■サスペンス(パニックムービーを含む)
■社会派映画
■時代劇
■ヒューマン(ノンフィクションを含む)
■ファンタジー
■本
■就職活動

■雑記
■トップへ戻る



■この記事を評価して、関連の人気記事もチェック!
★★★★(素晴らしい)
★★★☆(すごい)
★★☆☆(とても良い)
★☆☆☆(良い)
by TREview

スポンサーサイト

テーマ : 映画レビュー
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

まとめプラグインv2
07 | 2017/08 [GO]| 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

コメント一覧 トラックバック一覧 プロフィール
WEBコンサルティング・ホームページ制作のバンブーウエイブ
ブログ内紹介アイテム
広告
最新記事
カテゴリー 映画検索はこちらから
ブログ内検索 映画タイトルを入力
FC2カウンター
広告その2
季節のおススメ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

あなたも始めるFC2!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。