映画って本当に良いものですねぇ~♪ 業界研究って・・・何!?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

業界研究って・・・何!?

本日は再び就職活動について書いてみたいと思います。

これまでこのブログでは、自己PRを中心とした記事を掲載してきました。
しかし9月も中旬となり、大学でも後期が始まってくるこの時期になってくると
早い企業では「企業説明会」というものが行われるようになっていきます。

この企業説明会の予約を取る為にipodに買い替える人がいるというのが、
去年くらいからニュースで話題になるくらい大変なイベントとなってきます。
「企業説明会の予約を取らなきゃ」とは思っていても「どの企業説明会の予約を取るか」
を考えると「やりたい仕事とかわからないし・・・」となってまごついてしまう方もいらっしゃる
と思います。まごついている間に企業説明会の予約を取り損ねてしまうなんて展開に
なると、そこで他の就活生から一歩後れを取ってしまいます。

そこで今回は、業界研究とは何かを考えていく中で企業説明会の予約をしっかりと
取りきる準備をしていきたいと考えています。

まず、業界研究の中で基本となるのが業界地図です。
このブログの右側の帯でも紹介していますが、業界地図は各業界の大手・準大手の
各社を掲載し、どういった分野で対決・あるいは協調しているのかや市場規模が
どのくらいあるのか、更には将来予想や今後業界としてどのような分野に力を入れて
いくのか等も掲載されています。これを読みながら各業界の概略と、その業界に存在
する中心的な企業をマークしていくのが第一段階です。この時に各業界から
大体1社~2社はピックアップして企業説明会に進めるよう準備していきます。
業界研究の初期段階から特定業界に絞ったり、特定業界を毛嫌いするのは危険
です。例えば本人が金融業界に興味があったとしても、その人のポテンシャルが
業界的に金融向きではないということも多々あり得るからです。こうして各業界数社の
企業説明会に参加する中で、自分に合うと感じる業界・合わないと感じる業界を
見つけましょう。合わないと感じる業界についてはバッサリと切ってしまっても良いですし、
企業説明会を聞きに行った企業がまずかったのかもしれないと考えて同一の他の企業
の説明会に参加してみてもいいと思います。

これと同時に業界研究として行っていきたいことが日経新聞の購読です。
世の就活サイトやハウツー本の中でも「日経新聞は大事」ということは書かれていますが
実際どう使えばいいのかとかはあんまり書かれていません。また、部活をやっていたり
研究があったりして慣れない新聞をじっくり読む時間を取るのが難しいという人も多い
と思います。今回は簡単な日経新聞活用法を紹介します。

1.見出しを読む
 既に興味のある業界がある方は、その業界の記事があった場合はしっかり中まで読み、
 それ以外の部分は見出しだけ押さえておきましょう。これだけでも業界研究という点で
 かなり違います。
 また、興味のある業界が見つからない人は取っ付きやすそうな記事から選んで
 みましょう。あなたがもし旅行好きなら、旅行会社関連の記事は興味を持って読める
 かもしれません。食品やコンビニなどBtoCの企業は比較的興味を持ちやすいと思う
 ので、そういう所から読んでみる練習をします。それ以外の企業は今の所は見出しを
 読むだけで十分です。

2.スクラップする
 かなり原始的と思われるかもしれませんが、これが後々ESや面接の段階で力強い
 ツールとなっていきます。
 興味のある企業・業界の記事はもちろん、一見関連がなさそうでもちょっと考えると
 関連してるかな?と思えそうな内容が書かれていればスクラップしておきます。
 (例:今後更にIT社会の傾向が進むとすれば、どの企業でもIT関連の技術やIT企業と
 コラボレートしていくことが考えられます。例えば食品業界の選考を受けるとします。
 食品業界でも今後は更にインターネットを使った販促活動が重要になるかもしれません。
 そうした中で「食品業界とITをどのように結びつけるかを考えています。」というような
 アピールを面接ですることができれば、お客様視点でなく社員視点からも考えることが
 できているというアピールになり、面接官の反応も良くなるかもしれません。)
 こうすることでその業界・企業と他の業界・企業とを結びつけて横断的に考えることが
 できるようになり、面接などでの話にもより深みが出ると思います。

業界地図・日経新聞と使ってきました。ここまでで集めた情報と、実際に企業説明会に参加して自ら感じた会社の様子や話の内容を総合して、更に業界研究を深めていきます。その中で場合によってはOB・OG訪問をするということも選択肢として有るかもしれません。
業界研究の方法、掴むことができましたか?質問などあればコメント欄に入れて頂ければお答えしたいと思いますので、お気軽にご相談くださいね^^


その他の記事はコチラから
■自己紹介
■アクション
■アドベンチャー
■アニメ映画
■SF
■コメディ
■サスペンス(パニックムービーを含む)
■社会派映画
■時代劇
■ヒューマン(ノンフィクションを含む)
■ファンタジー
■本
■就職活動

■雑記
■トップへ戻る



■この記事を評価して、関連の人気記事もチェック!
★★★★(素晴らしい)
★★★☆(すごい)
★★☆☆(とても良い)
★☆☆☆(良い)
by TREview

スポンサーサイト

テーマ : 就職活動
ジャンル : 就職・お仕事

コメントの投稿

非公開コメント

まとめプラグインv2
09 | 2017/10 [GO]| 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

コメント一覧 トラックバック一覧 プロフィール
WEBコンサルティング・ホームページ制作のバンブーウエイブ
ブログ内紹介アイテム
広告
最新記事
カテゴリー 映画検索はこちらから
ブログ内検索 映画タイトルを入力
FC2カウンター
広告その2
季節のおススメ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

あなたも始めるFC2!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。