映画って本当に良いものですねぇ~♪ 映画36本目『I am Sam ‐アイ・アム・サム‐』

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映画36本目『I am Sam ‐アイ・アム・サム‐』

8月最後にご紹介する映画は感動物!
毎日暑い日が続きますが、この映画を観てすっきりと涙を流すというのは
いかがでしょうか?本日の映画は
『I am Sam ‐アイ・アム・サム‐』です
I am Sam

~あらすじ~
主人公は自閉傾向の精神障害を持ち、7歳程度の知能しか持たない中年男
サム(ショーン・ペン)です。彼はある日ホームレスの女性を家に泊めたことから、
その女性との間に子供が産まれることとなります。
こうして生まれたのがルーシー・ダイアモンド(ダコタ・ファニング)でした。
ホームレスの女性はルーシーを産んで退院したその日にサムの元からいなくなって
しまいます。「こんな子供を産むつもりはなかった。ただ宿が欲しかっただけなのに。」
という言葉を残して。。。

こうして、サムとルーシーの二人きりの生活が始まりました。毎晩夜泣きするルーシー
に対して何故泣いているのかわからないサム。ある日、いつものように夜泣きする
ルーシーに手を焼いているサムの所に一本の電話が入ります。電話の主は隣の
アパートに住むアニー(ダイアン・ウィースト)でした。彼女も外出恐怖症という病を
抱えていましたが、サムが事情を伝えると「私の家に連れてきなさい」ということで
サムの子育てをサポートしてくれるようになります。こうした周囲のサポートを
受けながらサムとルーシーは幸せに暮らしていました。

しかし、ルーシーが年を取るにつれて二人の生活に暗雲が立ち込めます。
ルーシーがサムの知能年齢である7歳を越えてしまうと、サムにはルーシーを養育する
能力がないという判断を下されてしまいます。
ルーシーは施設で保護されることになり、サムは失意にくれます。彼は法廷で闘う決意
を固め、エリート弁護士のリタ(ミシェル・ファイファー)に依頼を試みます。
最初はサムを一刻も早く追い返してしまおうとするリタでしたが、無料奉仕の弁護活動
もしている事をアピールするためについサムの依頼を受けてしまいます。
裁判において負けを知らないリタでしたが、今回のケースは明らかに不利でした。
サムの障害者の友人たちは裁判で普通の証言ができず、ジュリアード音楽院を首席で
卒業したアニーも外出恐怖症を乗り越えついにはサムの為に証言台に立ちますが、
相手の弁護士にやり込 められて落ち込んでしまいます。
(本編では語られませんが、どうやらアニーは彼女の父親に何か良くないトラウマを
持っているようです。それを相手弁護士が突いて、一気にアニー動転させてしまう
という展開です)

一方、サムとルーシーは親子の絆をますます深めていきます。サムは結局、条件付き
で親権は認められたものの、ルーシーは里親のランディ(ローラ・ダーン)らと一緒に
暮らすという決定を下されてしまいます。
すっかり弱り切ったサムは一時自分の家に閉じこもってしまいますが、リタの言葉に
励まされ再びルーシーを取り返すべく、社会生活を始めます。そしてついにサムは
ルーシーの暮らす家の近所に引っ越して、しっかりと自立した社会生活が送れている
ことをアピールできるまでになります。そんなサムを見て、ルーシーは毎晩のように彼に
会いに行きます。2人の愛情の深さに気づいた周囲は、ついにその親子関係を認める
のでした。


~感想~
泣けます(>_<、) ネタばれになってしまうのであまり詳しくは
書けませんが、サムとルーシーが寝る前に読む本があります。それはサムお気に入りの
本なのですが、年齢が上がっていったルーシーにとっては少し退屈なものになっていきます。しかし、サムが喜んでルーシーに読み聞かせる様子を見てルーシーは優しく笑います。
健気なルーシーに思わず涙が浮かびます。
この他にも、ルーシーはサムに学校で使う教科書を読んでもらいます。しかしサムは
なかなか教科書の文章を読むことができません。そんな様子を見たルーシーはわざと
自分もその単語が読めないと言い、サムお気に入りの本を出して「これが良いな」と微笑みます。もう・・・泣けて泣けて。・゜゜・(lll>_<、lllll)・゜゜・。

後はやっぱり愛の力を感じました。裁判において相手の弁護士はやたらと知能指数
のことや掛け算ができないとかそんな話を繰り返しますが、結局そんなこと子育てにおいてはどうでもいいんだと思います。誰よりもルーシーを愛しているサムのまっすぐな心が、徐々に周囲に理解されていくストーリーは観ているこちらも引き込まれて、自然とサムを応援している自分に気がつきました。
友人や恋人と観るのも良いですが、たまには親子でこんな映画を観てみたいなと思える一作でした(*^_^*)




その他の記事はコチラから
■自己紹介
■アクション
■アドベンチャー
■アニメ映画
■SF
■コメディ
■サスペンス(パニックムービーを含む)
■社会派映画
■時代劇
■ヒューマン(ノンフィクションを含む)
■ファンタジー
■本
■就職活動

■雑記
■トップへ戻る



■この記事を評価して、関連の人気記事もチェック!
★★★★(素晴らしい)
★★★☆(すごい)
★★☆☆(とても良い)
★☆☆☆(良い)
by TREview

スポンサーサイト

テーマ : ★おすすめ映画★
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

まとめプラグインv2
09 | 2017/10 [GO]| 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

コメント一覧 トラックバック一覧 プロフィール
WEBコンサルティング・ホームページ制作のバンブーウエイブ
ブログ内紹介アイテム
広告
最新記事
カテゴリー 映画検索はこちらから
ブログ内検索 映画タイトルを入力
FC2カウンター
広告その2
季節のおススメ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

あなたも始めるFC2!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。