映画って本当に良いものですねぇ~♪ 映画35本目『天国の青い蝶』

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映画35本目『天国の青い蝶』

こんにちは^^暦の上では処暑を過ぎ、いよいよ秋へと言う所ですが
まだまだ暑さは和らぐ気配を見せません・・・(;´▽`lllA``
そんな暑い日中は室内で映画を観るに限る!←超インドア
と言うことで、本日は「天国の青い蝶」をご紹介します
天国の青い蝶

~あらすじ~
主人公ピートは末期ガン宣告を受けた10歳の少年です。彼は余命数ヶ月と宣告されて
しまいます。残された人生をどう過ごすか・・・母親のテレサと一緒に考えた答えは
「ブルーモルフォ(青い蝶)を捕まえること」でした。
元気な人間でも入るのは危険なジャングルの中にブルーモルフォは生息しています。
二人だけでジャングルに入ることはできないので、二人は昆虫学者のアラン・オズボーン(ウィリアム・ハート)に協力を求めます。アランはあまりに昆虫に熱中しすぎるために
17年前に家族から三下り半を突き付けられ、その後は一人昆虫と向き合う少し変わった
学者でした。そんなアランなので最初は二人の申し出を断りますが、ピートの必死な姿を
みて「時期は少し遅いが行くか」と、ついに同行を決心します。

最初はピート・アラン・テレサ・協力者等のパーティでジャングルをあちこち歩き回って
いたのですが、その音が警戒心の強いブルーモルフォにはオーケストラのように
聞こえてしまうということで、ピートはアランと二人だけで森の中へ入る決意をします。
こうして二人だけでジャングルへ入っていったピートとアラン。するとそんな二人の前に
やっとブルーモルフォの姿が急いでブルーモルフォを追いかけますが・・・
蝶の行き先を見るのに集中するあまり
足元の穴に気付かずそのまま二人は穴の中へ落ちてしまいます
穴に落ちた衝撃でアランは足に大けがを負い動くことができなくなってしまいます。
ピートは末期ガンで体力もほとんどありません。しかし、このまま一緒にいてはアランも
自分も助からないと考え、救助を求めるために一人穴から出て森の中を彷徨います。
夜になって冷たい雨が降り始めました。テレサ達も二人の帰りが遅いことから松明を
用意して捜索を始めます。
一方ピートはついに体力が無くなり、森の中で倒れてしまいます。・・・するとどこからともなくブルーモルフォが現れて異界の先住民に変身したかと思うと、脳腫瘍のあるピートの頭にそっと触れます。。。

気がつくとピートはテレサの腕の中にいました。後にアランも救出され、大きな街で手術を行うために急いで村を離れることになりました。別れ際、ピートに村の少女からブルーモルフォが渡されます。「村に飛んできたのを捕まえたの。」こうしてブルーモルフォを手に入れたピートは村を後にします。


~感想~
良い映画です。特に夏休みの子供たちに観て欲しいな~と思う映画でした
主人公のピートはブルーモルフォと出会うことであることを学びます。それは
「誰しもがみんなブルーモルフォである」ということです。
最初ピートは村の少女から「私も、あなたも、ブルーモルフォじゃない」という言葉を
受けますが、ピートは「ブルーモルフォだけがブルーモルフォなんだよ」と答え、
その意味を理解することができませんでした。
しかし実際にブルーモルフォを目にして、捕まえて、そのセリフの意味を理解していきます。
一人一人がかけがえなく、輝いているものであり、そういう意味で一人一人がブルーモルフォなんだと。まさにその通りだと思います。かけがえのない自らの命を大切にする思いは勿論、他者の命を大切にする思いを育むきっかけになれば、もっと暖かい社会、お互いを思いやる社会が実現できるのではないかなと思いました。

更にこの映画実際にあった奇跡を基にした映画であるということに
驚きです!思いが届けば奇跡は起こるんだと感じさせる映画でした。


その他の記事はコチラから
■自己紹介
■アクション
■アドベンチャー
■アニメ映画
■SF
■コメディ
■サスペンス(パニックムービーを含む)
■社会派映画
■時代劇
■ヒューマン(ノンフィクションを含む)
■ファンタジー
■本
■就職活動

■雑記
■トップへ戻る




■この記事を評価して、関連の人気記事もチェック!
★★★★(素晴らしい)
★★★☆(すごい)
★★☆☆(とても良い)
★☆☆☆(良い)
by TREview

スポンサーサイト

テーマ : ★おすすめ映画★
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

No title

この映画、実話に基づいているというのが本当に驚きですよね。
末期癌の患者さんがアマゾンの奥地に入っていくなんて、体力的にはありえないぐらい辛いと思うのですが、逆に元気になっていく少年を見ていると感動してしまいました。
ブルー・モルフォを見たいという一心で命を繋いでいたような状態で、少年が生きる意味を見出していく姿にも感銘を受けました。
≪誰もがブルー・モルフォである≫という言葉にはいろいろ考えさせられますね。
アマゾンの自然と、原住民の信仰・伝統と、そして世界一美しい蝶≪ブルー・モルフォ≫のすべてに見入ってしまいました^^
特典映像のドキュメンタリーで成長したピートと昆虫学者の本人たちを見て、感動2倍でした~♪

marimoさん

いつもありがとうございます^^
だんだん元気になっていくピートが凄いですよね。最初は車いすだったのが
最後の方ではジャングルの中結構歩いちゃいますし^^;この部分は多分
脚色なんだろうなとは思いますけど(;´▽`lllA``
特典映像良いな~(*^_^*)私が観たやつでは最後に文章で「この話は奇跡の物語で
ピートは今も生きている」って出ただけで「…えっ!?実話なのっ!」って感じでしたw
まとめプラグインv2
05 | 2017/06 [GO]| 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

コメント一覧 トラックバック一覧 プロフィール
WEBコンサルティング・ホームページ制作のバンブーウエイブ
ブログ内紹介アイテム
広告
最新記事
カテゴリー 映画検索はこちらから
ブログ内検索 映画タイトルを入力
FC2カウンター
広告その2
季節のおススメ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

あなたも始めるFC2!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。