映画って本当に良いものですねぇ~♪ 大学3年の夏休みにすべきこと

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大学3年の夏休みにすべきこと

本日は就職活動について書きたいと思います。
前回、『シューカツって何!?』で就活にあたってすべきことについて以下の二点を
挙げました。
「私が私の中で一番魅力的だと感じる部分を企業側に的確に伝えること」
「自分の魅力的な部分を一番活用できる・引き出せる企業(業界)を探すこと」

今日はこのうちの特に①について具体的にどのように準備していけばよいかを
考えてみたいと思います。初めに考えなければいけないのは
「私のどこが魅力的なのか?」ということです。
まずは自分自身の行動(基本的には大学時代の行動)を振り返ることです。
いくつかのエピソードを抽出し、その中で共通して行っている動作や考え方などが
無いか思いだしてみます。

例:
「部活でも主将をし、飲み会なんかでも大体幹事だし、みんなが喜んでくれると嬉しいな」
→リーダータイプです。みんなを率先して引っ張っていく力が大学時代で身についているのではないでしょうか?引っ張っていく中での苦労や工夫を思い出して自己分析を進める中で、どうしてあなたがリーダーだと何故組織がうまく行ったのか考えます。
あなたに魅力があったからじゃないですか?そこを見つけましょう。

「部活では副主将、飲み会でも幹事ではないけど幹事のそばでサポートして、幹事が潰れた時は介抱したっけ」
→サポートタイプです。あなたがいるとなぜか場の雰囲気が落ち着いて和やかになりませんか?サポートは一見地味なので成果も見えにくく、アピールは難しい所ですが何故サポート役をすることが多かったの?あなたの魅力や考え方(その考え方自体が魅力的かも?)が自然とそうさせていると思います。それを見つけましょう。

「部活は参加してたけど一般部員だし、幹事とかもあんまりしなかったな。でも楽しそうなとこには必ず顔出して最後まで絶対残ってたメンバーだな」
→みんなと一緒に活動する中で円滑なコミュニケーションを取ったり、楽しい人間関係を構築できたというのはあなたの魅力かもしれませんよ?そして、最後まで残るということはやりきる力が有る証拠かも?

こんな感じで、まずは自分自身で自分の行動を振り返ってみましょう。
次に活用するのはあなたの周りの先輩・同期・後輩です。
人からあなたがどのように見られているかというのは意外と大切な所です。面接でも
「あなたは周りの人からどんな人だと思われていますか?」と聞かれることが
有ります。主観的な自己分析だけで満足するのではなく、客観的な視点も加わると
更に洗練された自己分析にレベルアップします。
「私ってどんな風に見えますか?」とかは直球すぎて聞きにくいなら
「動物に例えるとなに??」等と聞いて「その動物を選んだ理由って何??」とか
聞いていくと意外にあなたの一面を的確に捉えてくれているかも知れません。
更にそれを自分なりに解釈していけば、人からどんな風に見られているかが見えてくると
思います。


さて次は、こうして見えてきた自分の魅力的な部分を的確に伝えるにはどうすれば良いか考えてみましょう。
例えばあなたが電気屋で働いているとします。そこでテレビが欲しいとお客様が
来店します。そしてお客様は以下三つを購入候補として挙げました。

 
製品A
製品B
製品C
価格
安い
安め
高い
デザイン
普通
普通
良い
画質
普通
やや良い
良い

ここで、あなたは製品Aを作るメーカーから派遣された販売員だとします。
当然あなたはできるだけ多く製品Aを売らなければなりません。
(売れば売るほど報酬が上がる歩合制です)しかし、製品Bや製品Cの
ネガティブキャンペーンをして製品Aを買ってもらう訳にはいきません。
(そんな販売員がいたら製品Bや製品Cの販売員から苦情が出て解雇されてしまいます
あなたならどうしますか??

私なら製品Aの価格を徹底的にアピールします。製品Aのデザインや画質は
他社製品より劣ることは明らかです。
「でもそれを補う位の価格の安さが有りますよ!」というアピールで振り向いてくれる
「とにかく安いものが欲しい」というお客様を探すのです。

同様の条件であなたが製品Bの販売員だったらどうでしょう?
この場合は製品Aの場合より少し難しくなります。
製品Aの販売員の場合は安さしか他の製品より優れたものが無いので、ここ一点に絞って販売活動を行うしかありませんでした。しかし製品Bは製品Aに対抗するなら画質の良さ、製品Cに対抗するなら価格と画質のバランスということで、対抗する製品によって戦法を変える必要が有ります。そして「価格は押さえ目で画質の良いものが欲しい」というお客様を探すことになります。


さて、ここで就活の方へ話を戻します。次の表をみてください。

 
Aさん
Bさん
Cさん
ストレス耐性
高い
高め
低い
論理性
普通
普通
良い
行動力
普通
やや高い
高い

この場合であなたはAさんだとします。あなたは就活において当然ですがAさんを売り込まなければなりません。しかし、BさんやCさんの邪魔をするような言動をして自分を採用してもらうということはできません。(そんな自己中心的な人、和を乱す人は求めていません。)
あなたなら・・・ストレス耐性を全面に押し出して勝負ですよね?ここで普通の論理性や行動力を出してもBさんやCさんに圧倒されてしまいます。Aさんの場合は簡単です。ストレス耐性一つしか武器が有りませんから。
さて、先程同様ここであなたはBさんだったとしたらどうでしょう?
Aさんに対抗するには行動力の高さ、Cさんに対抗するためにはストレス耐性と行動力のバランスと言うことになります。この時、難しいのがBさんにとって一番魅力的な部分は行動力であるにもかかわらず、それをアピールしただけではCさんに敵わないということです。Cさんがもし、しっかりと自己分析をしていて、自分の論理性も武器だと気付いており、
論理性と行動力を兼ね備えていることをアピールしたとしたら、行動力だけのBさんは
絶体絶命です。
つまり、大事なことは
「魅力的な部分を複数持ち球として持って(知って)おく」
ということです。Bさんの二番目の魅力は高めのストレス耐性です。
ここと行動力をコンボで使い
「海外など新しい部分にも積極的に飛び込む覚悟が有ります」となれば、
行動力は有るけどもストレス耐性が低く、新興国などへ飛び込むというよりは
安定した国内で能力を発揮したいという感じのCさんとちょっと土俵のずれた所で
勝負することが可能です。
企業側としても将来的に海外へはBさんを送り、国内はCさんでという風に両方採用と言う
可能性も出てきます。(実際はもちろんこんなに単純では有りませんが。)

このように自分の魅力を複数発見しておき、1つでは対処しきれない場合に他の魅力を次々と見せて行ければ思い通りの就活に一歩近づけると思います。
あなたの魅力は一つではありません。いくつもの自分の魅力を見つけ出して、状況に
あわせて企業側に伝えていくことが大事です。
ここで最後に一つ注意。さっきの場合でもし、受けに行った会社が
「海外支社なし、海外進出の予定もなし、ストレス耐性はそんなに高くなくてもデスクワーク中心、新規事業展開と言うよりは既存事業の維持発展が中心である」という会社だったら、
Bさんは撃沈です。
この辺りから②の「自分の魅力的な部分を一番活用できる・引き出せる企業(業界)を探すこと」という重要性を感じて頂ければと思います。



その他の記事はコチラから
■自己紹介
■アクション
■アドベンチャー
■アニメ映画
■SF
■コメディ
■サスペンス(パニックムービーを含む)
■社会派映画
■時代劇
■ヒューマン(ノンフィクションを含む)
■ファンタジー
■本
■就職活動

■雑記
■トップへ戻る



■この記事を評価して、関連の人気記事もチェック!
★★★★(素晴らしい)
★★★☆(すごい)
★★☆☆(とても良い)
★☆☆☆(良い)
by TREview

スポンサーサイト

テーマ : 就職活動
ジャンル : 就職・お仕事

コメントの投稿

非公開コメント

まとめプラグインv2
07 | 2017/08 [GO]| 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

コメント一覧 トラックバック一覧 プロフィール
WEBコンサルティング・ホームページ制作のバンブーウエイブ
ブログ内紹介アイテム
広告
最新記事
カテゴリー 映画検索はこちらから
ブログ内検索 映画タイトルを入力
FC2カウンター
広告その2
季節のおススメ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

あなたも始めるFC2!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。