映画って本当に良いものですねぇ~♪ P.F.ドラッカー 「マネジメント 基本と原則」

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

P.F.ドラッカー 「マネジメント 基本と原則」

100606_223238.jpg
今日は今週の更新が滞ったお詫びにもう一本ブログをアップしたいと思います(*^^)v
本日の二本目のブログはP.F.ドラッカー「マネジメント」です

何故こんなビジネス書を手にしたかという経緯からお話ししますと、実は私つい最近
まで就職活動をしてまして、その中でビジネスとかマネジメントに興味を持ち、
「就活終わったら読むぞ!」と思って目をつけていた本がこの本だったという訳です^^

4月の終わりに買って読み始めたのですが・・・うーむ・・・(;´▽`lllA``
むずかしい;; 実は帯にも書いてあるようにこの本『もし高校野球の~』の原点となったもので私がこの本を買った本屋でもそちらと二冊平積みにしてありました。
ちなみにそちらは本の表紙がちょっとアニメチックで「萌え」要素が入っているような感じです。
二冊を前に色々考えたのですが「萌え的な表紙の本を真面目っぽく電車の中とかで読んでもかっこがつかないではないか!!」という安易な結論からこちらを手にとって買ったわけです・・・が読んでみて、『もし高校野球の~』が51万部と売れ行きが高い原因がわかりました^^;
「もし高校野球の~」のほうは『マネジメント』の理論を実践する女子高生を主人公にしているのでより理解しやすいんだと思います

萌え的な表紙が恥ずかしいという安易な理由で『マネジメントにしよう!』と思ってる方はブックカバーをかけて頂いて、「もし高校野球の~」の方を購入されることをおススメします


肝心の本の内容についてですが、確かに簡単な内容ではないのですが一つ一つ理解しながら読んでいくとなるほどと思う所が多々あります。
個人的に特に感じたことは
「マネジメントは成果を直接生む部署でないことから長く放置されてきた」ということと
「マネジメントで一番大切なことは常に真摯であること」という2点です。

不特定多数の方の目に触れるブログの中で、詳細に著書についての個人的な解釈を書くことは控えた方が良いと思うので、詳しくは書くことができませんが私自身この本を読んで、
実際に成果を生む部署の人達だけで成果を出す場合よりも更に高い成果を出せるように、マネジメントによってアシストすることが可能だと気付きました。また、成果を直接生みだす部署でないからこそ常にスリムな体系で他の部署に迷惑をかけてはいけないとも感じました。となると、マネジメントは最小の人数で最大の成果をアシストする仕事だという結論に至り高い能力が求められる仕事なんだということを学ぶことができました。

現在マネジメントを職場で行っている方も、そうでない方も手に取ってみると新たな発見が有るかもしれません。おススメです



その他の記事はコチラから
■自己紹介
■アクション
■アドベンチャー
■アニメ映画
■SF
■コメディ
■サスペンス(パニックムービーを含む)
■社会派映画
■時代劇
■ヒューマン(ノンフィクションを含む)
■ファンタジー
■本
■就職活動

■トップへ戻る




スポンサーサイト

テーマ : オススメの本
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

まとめプラグインv2
07 | 2017/08 [GO]| 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

コメント一覧 トラックバック一覧 プロフィール
WEBコンサルティング・ホームページ制作のバンブーウエイブ
ブログ内紹介アイテム
広告
最新記事
カテゴリー 映画検索はこちらから
ブログ内検索 映画タイトルを入力
FC2カウンター
広告その2
季節のおススメ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

あなたも始めるFC2!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。