映画って本当に良いものですねぇ~♪ 本

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ダニエル・キイス『アルジャーノンに花束を』

いよいよ11月、2010年ももう少しで終わりですね(;´▽`lllA``
夏が終わったと思ったら急に寒くなって来て、年末のせわしなさを思い出し
「もうこんな季節か~」と感慨にふけるしゅんです。

さて、11月最初の記事は本の紹介。
ダニエル・キイス著『アルジャーノンに花束を』です。
この題名を聞いて「どっかで聞いたような・・・?」と感じた方・・・鋭いですね
実はこの原作をもとに同名のドラマが2002年にフジテレビ系列で放映されています。
その時の主演はユースケサンタマリアさんと菅野美穂さんでした。
(参考:
アルジャーノンに花束を
個人的にはユースケさんを初めて俳優として認識したのがこのドラマでした。
また、菅野美穂さんは作中では精神薄弱者の支援をする学校の先生役なのですが
その暖かな雰囲気の演技に(当時は中学生でしたが)魅せられました(*^_^*)w
更に脚本が岡田恵和さんと言うことで、かなりの高視聴率が期待されましたが
平均視聴率は11.1%と残念ながらあまりふるわなかったようです^^;
しかし、この原作を読んで頂ければ、あのドラマの感動も二倍以上に大きくなると思います。
今回はこの作品を力を入れて!ご紹介したいと思います。

アルジャーノン

~あらすじ~
主人公チャーリー・ゴードンは精神年齢6歳程度と推定されている精神薄弱者です。
しかし、彼は幼少時に受けたトラウマ経験から「頭が良くなりたい」と強く願っていました。
そんな彼が日記(経過報告)を綴り、その視点から物語は展開していきます。
ある日チャーリーは、彼が通う精神薄弱者の学校で教師をしているアリス・キニアンの推薦を受けジェイ・ストラウス博士の元を訪れます。ストラウス博士は精神科医であると同時に脳神経外科医です。

ストラウス博士と心理学者のニーマー教授は知能(IQ)を劇的に向上させる手術を研究していました。そしてこれまでは動物実験のみを行っていたのですが、今回初めて人体を使った臨床実験を行うことになります。
そして、その被験者として選ばれたのが精神薄弱者の通う学校で最も「頭が良くなりたい」という思いが強いチャーリーだったのです。
ここで、ストラウス博士とチャーリーが初めて会った日にチャーリーが書いた経過報告の第一日目を少し引用したいと思います。
『けえかほおこく1‐3がつ3日 ストラウスはかせわぼくが考えたことや思いだしたことやこれからぼくのまわりでおこたことわぜんぶかいておきなさいといった。(原文まま)』
翻訳版なので原作とは厳密には異なる点も有るとは思いますが、表現と言う部分で
・漢字量が少ない。
・読点が無いため読みにくい。
・”は”と”わ”を理解できていない。
など、明らかな知能の欠落が見られています。

ストラウス博士とニーマー教授の面接・テストの一つには迷路課題が有りました。
そして、この時にチャーリーと共に迷路課題を行ったのがハツカネズミのアルジャーノンでした。このネズミはチャーリーが受ける手術を以前に受け、劇的に知能が向上したネズミです。チャーリーはアルジャーノンに勝ちたいと強く思いました。その様子を見た二人は、頭が良くなることがチャーリー自身の喜び(心理学的にはトークン(報償)と呼びます。)となり得ると確信し、チャーリーは晴れて知能を高める手術を受けることになります。

無事に手術を終えたチャーリーには早くも知能向上の成果が表れます。ここでは退院日の三月十五日の文章を引用します。
『三月十五日‐ぼくは退いんしたけれどし事にはまだもどらない。(原文まま)』
ここでは
・三月十五日等の漢字表記が出来るようになった。
・「けれど」等の接続詞が正しく使える。
といった形で知能の向上が表れています。

その後もどんどん知能が向上していくチャーリーは、過去に自分が働いていたパン屋での生活を思い出します。
そして周りの人がいつも笑っていたのは、精神薄弱者であるチャーリーの行動に対する嘲笑であった事に気づきます。
そして人から見られて恥ずかしいという感情を手に入れます。実験の中でチャーリーの経過をビデオ録画したり、チャーリーの様子を書き留めたメモを公開されることに恥ずかしさを感じ始めます。こうした形で、知能が向上していくチャーリーの周りには徐々に人がいなくなっていきました。それまでチャーリーをからかいながらも、チャーリーの周りにいてくれたパン屋の同僚はチャーリーの変化を恐れ始め、ついにはパン屋から追い出されてしまいます。
そしてチャーリーの先生であったキニアンも自らの知能を超えたチャーリーに対し恐れを感じ始めます。
それが表現された六月六日の経過報告を引用します。
『六月六日‐今日初めてアリスと諍いをする。 (中略) 彼女は持っていた本を叩きつけるように置いた。「いいわ。知りたいのね?あなたは前とは違ってしまった。変わったわ。あなたのIQのことを言ってるんじゃないの。他人に対するあなたの態度よ―自分は同じ人種じゃないとでも―」 (中略) IQ百八十五の私は、IQ七十であった私と同じくらいアリスとかけはなれているのだ。そして今度は二人ともそれを知っていた。』
こうしてチャーリーの周りの人たちはチャーリーに対し恐れを抱き、以前のように親しく付き合える人はいなくなっていきました。

チャーリーの知能はその後も向上し続け、ストラウス博士やニーマー教授の知能をも凌駕します。そして様々な専門書や最新の研究報告等から、自らが受けた手術のミスに気づいてしまうのです。
チャーリーはその悪い予感を払拭しようとしますが、チャーリーより先にその手術を受けたアルジャーノンに知能低下の兆候が見られ始めます・・・。
そして、チャーリーは知能低下が顕著になったアルジャーノンを観察しながら一本の論文をまとめます。(八月二十六日)
その論文は『人為的に誘発された知能は、その増大量に比例する速度で低下する』ことを証明したものでした。
証明を実証するようにアルジャーノンが命を落とします。(九月十七日)
『アルジャーノンの亡骸を小さな金属の容器に入れ、(中略)愚かしく感傷的な行為だけれども、ゆうべ夜が更けてから彼を裏庭に埋めた。墓に野の花を供えながら私は泣いた。』

その後チャーリーの知能は著しく低下を始めます。幻覚が見え始め(十月四日)、経過報告を書くことが億劫になり(十月五日)、記憶が曖昧になり思いだせなくなり始めます(十月十七日)ここへ来てチャーリーは自らまとめた論文についても記憶が無くなり、理解することが出来なくなります。ここで十月二十五日の報告を引用します。
『十月二十五日―退化進行。タイプライターの使用を諦めた。総合作用が非常に衰えている。(中略)もしこのまま新しいものを読んだり学んだりしていったら、例え古いものは忘れていっても、わずかな知能でも引き留めておけるかもしれない。』
その前の報告で『最後に覚えたものを最初に忘れる』と記載していながら、このような無駄なあがきを始める所が読者としては何とも悲しくなってきます。

そして十一月十八日、チャーリーはもといたパン屋で再び働き始めます。
『おまえにわともだちがいるってことをおぼいといてもらいたいなそれを忘れるなよといった。(中略)ともだちがいるのわいいものだな・・・・・・』
明らかに知能が低下しています。しかし、知能の低下と引き換えにチャーリーは一度失った友達を取り戻します。
知能の向上によって普通の人以上に様々なことが理解できる代わりに一人ぼっちの生活と、知能は低いけれども友達に囲まれる生活。私自身は幸福にも知能には不足はない(はず)ですが、これは私達普通の人間にも当てはまることのような気がします。
何でも一人で出来るけれども誰からも相手にされない(信頼されない)のと、多少ドジを踏むことは有っても、その時に助けてくれる友人に囲まれている人生ではどちらが良いだろうか・・・。そんなことを考えながら涙しました。

十一月二十一日、最後の報告になります。
『ひとがわらたり友だちがなくてもきげんをわりくしないでください。ひとにわらわせておけば友だちをつくるのわかんたんです。(中略)ついしん。どーかついでがあったらうらにわのアルジャーノンのおはかに花束をそなえてやてください。』
様々な事を忘れたチャーリーでしたが、アルジャーノンのことだけは忘れずにいることが出来ました。チャーリーにとってアルジャーノンと過ごした時間、天才として過ごした時間は本当に幸せだったのか?また、このメッセージは人に笑われることを恐れるニーマー教授に宛てたものですが、「人には笑わせておけば友達を作るのは簡単だ。」というチャーリーの言葉には、普通の人が恐れてしまうものにも堂々と向き合う力強さのようなものを感じます。知能が高い(はず)ニーマー教授に対し、人間としてより根源的なものをチャーリーが伝えているような気がします。それはチャーリー自身が天才と精神薄弱者の両方を体験したから得た教訓なのでしょうか?
私は違うと思います。
精神薄弱者として社会からある種のレッテルを貼られながらも、その人生を気持ちよく生きていたチャーリーの心からの思いだったのだと思います。




その他の記事はコチラから
■自己紹介
■アクション
■アドベンチャー
■アニメ映画
■SF
■コメディ
■サスペンス(パニックムービーを含む)
■社会派映画
■時代劇
■ヒューマン(ノンフィクションを含む)
■ファンタジー
■本
■就職活動

■雑記
■トップへ戻る



■この記事を評価して、関連の人気記事もチェック!
★★★★(素晴らしい)
★★★☆(すごい)
★★☆☆(とても良い)
★☆☆☆(良い)
by TREview

スポンサーサイト

テーマ : オススメの本の紹介
ジャンル : 本・雑誌

塩野七生 『日本人へ 国家と歴史編』

以前このブログで、塩野七生「日本人へ リーダー編」をご紹介しましたので
本日は「日本人へ 国家と歴史編」を紹介したいと思います。
塩野七生 日本人へ国家と歴史編

こちらはリーダー編から一ヶ月後の2010年6月に刊行されました。
やはりこちらも素晴らしい^^
特に、第二章「夢の内閣・ローマ編」、「開国もクールに」、
第三章「拝啓 小沢一郎様」、「仕分けで鍛える説得力」等はおススメです


「夢の内閣・ローマ編」ではローマ時代の皇帝たちを日本の大臣に次々と抜擢
していきます。まさに政治のドリームチームが時空を超えて実現します。これだけ
パワフルな内閣が有れば現在の日本のような政局の不安定は無くなるだろうなと
思いますし、安心して身を委ねられる気がします。
逆にいえば、現在の政治家の方々にも是非これを読んで実践して頂きたいと思う訳です。

「開国もクールに」では、現在の日本の浮足立った移民対策へ喝を入れられています。
著書の中では『100年前にアメリカへ渡った移民たちは移住先の国の言葉を学び、その国の
法律を守ることが当たり前というスタンスでいたのに対して、最近の移民は移り住んだ国で
自らの国の人種がのさばれる治外法権区域を作ることに熱心である。』
というような記述が有りますが、確かに日本でも一部地域では我が物顔で異国の言葉を
話し、日本の中で築かれた法律やマナーを破壊していく行為をする外国人を見掛けることが
あります。
こう書くと「閉鎖的だ」という方もいらっしゃるかと思いますが、そうではないということが
著書を読んで頂ければわかります。入ってこられては困る人々を今まで通り排除しながら、
IT社会の恩恵を受けてどこにいても仕事ができる知識労働を行う外国人を積極的に
日本に呼び込むのです。そのために必要なことは・・・続きは是非ご購入の上、お楽しみ
ください。

「拝啓 小沢一郎様」は前回の「日本人へ リーダー編」内の「拝啓 小泉純一郎様」と
同様に共感できる部分が多くありました。著書の中で塩野さんは大連立の必要性を
小沢さんに説いています。そしてそれができる政治家は小沢さん、あなた一人であると。
メディア露出を徹底的に避ける所から”闇将軍”という言葉や”暗躍”という言葉が似合う
政治家でありますが、冷静に現在の日本の政治を見つめて、大連立のような大きな波を
起こせる政治家が他にいるでしょうか?
鳩山さんは兄弟そろって豆じゃなくて金をまくだけ、菅さんは相変わらず回りくどい語り口
で結局何を言ってるんだかわからない。翻って自民党の方をみれば谷垣さんはイマイチ
ぱっとせず、党内結束を高められているのかわからない。
”建設的野党”と言いながら実質何をしてるんだかわからない大人しい野党に成り下がっているように思います。
今こそ、こうした民主党・自民党の中で大連立を行い、無駄な人物は排除して
”国の為に動ける人”で新党を結成するしかないのです。そのためには小沢さんの力
は間違いなく必要です。
そもそも、私は最近の日本の政治家はきれいすぎると思います。
(裏ではこそこそ金貯めたり汚いことをしているのに)
そのくせ、いざって時には普段は派閥なんて関係ありませんとか言ってる議員でも
事なかれ主義で派閥の意向が・・・とか言い出す始末。堂々と国の為に自ら泥をかぶる
覚悟を持った政治家が中堅・若手から生まれてくることを期待しますが、彼らの成長を
待つ余裕のない現在の日本では、”剛腕”小沢さんにもう一仕事して頂くしかないと思います。
とまぁ、かなり個人的な意見で熱くなりましたが是非みなさんも塩野さんの著書を読み、
こうしたことについて考えてみて頂ければと思います。

「仕分けで鍛える説得力」は官僚を公開の場でいじめることで説得力を
鍛えさせましょうってことです。(←ざっくり)
私自身今までは事業仕分けなんてそれこそ多額のコストがかかっているし、最終的な
概算要求を拘束する力のない仕分けなんて、官僚が最終的にはひっくりかえすだろうから
意味がないと思っていましたが、この発想が有ればまんざらそうでもないかなと思える
ようになりました。


ここまで書いてくると「重すぎるっ・・・」と感じる方もいるかもしれませんが、
「夏の夜のおしゃべり」や「ブランド品にはご注意を」など、箸休めのような形で読むことができる部分も有り、バランスの良い作品になっています。
是非ご覧ください


その他の記事はコチラから
■自己紹介
■アクション
■アドベンチャー
■アニメ映画
■SF
■コメディ
■サスペンス(パニックムービーを含む)
■社会派映画
■時代劇
■ヒューマン(ノンフィクションを含む)
■ファンタジー
■本
■就職活動

■雑記
■トップへ戻る



■この記事を評価して、関連の人気記事もチェック!
★★★★(素晴らしい)
★★★☆(すごい)
★★☆☆(とても良い)
★☆☆☆(良い)
by TREview

テーマ : 読書メモ
ジャンル : 本・雑誌

塩野七生 「日本人へ リーダー編」

こんばんは^^7月最初のアップは映画ではなく本をご紹介したいと思います。
塩野七生さん著「日本人へ リーダー編」です。
100703_213228.jpg

この文章は元々月刊「文藝春秋」に連載されていたものを書籍化したもので
2010年5月の初版から話題となっている一作です
著者の塩野さんは学習院大学文学部哲学科を卒業した後イタリアに遊学。
後にイタリアに在住しながら執筆活動を続けています。

素晴らしい
特に1章内の『組織の「年齢」について』や2章『想像力について』
なるほどと大きく納得してしまいました。
『私の書いたものを要約されるのが嫌い』という塩野さんの一文が有りますので要約は
しませんが(笑)
組織の年齢についてはお勤めの会社や、通っている大学・学校、地域のコミュニティー等、適用の範囲が非常に広いと思います。
この話を読んで自分なりに考えた上で、そうした組織との付き合い方を再考する
と言うのも大切なことかもしれません。

また、想像力については『ニーズ』という言葉の波にのまれてどのニーズを優先すべきか迷い、結局なにも出来なくなってしまうというのは、まさにその通りだと思いました。
つい先ごろまで私は就活生でしたというお話を以前にしましたが、ある会社で参加した
インターンシップではまさに「ニーズの大洪水」を浴びました(;´▽`lllA``
お客様の話を聞けば聞くほど、何から叶えていけばいいのか分からなくなる。
わからなくなりながらも提案した商品に関しては「◇◇の点では良いけど、私の△△は
満たしてくれないの?」と言われアタフタ・・・したことを思い出しました;;

あの時既にこの本に出会っていたら、もう少し違った対応が出来たかも知れないなと
思います。
どうすればニーズの波に飲み込まれずに済むのか、どうすれば相手の要求を満たす
ことが出来るのか・・・自分自身の生活に活かせるヒントがたくさん隠された本だと
思います^^




更に求めるとすれば、昨今の政治状況について塩野さんのお考えを知りたいです^^;
2006年頃からの連載を書籍化したものなので仕方が無いのですが、日本での政治的な話題で触れられているのは小泉総理の郵政選挙になります。その後の安倍・福田総理などや、民主党の新政権などについてもっと知りたい!と思ってしまいました・・・欲張りですね(笑)
もう一冊「日本人へ 国家と歴史編」が発売されていますので、そちらの方に書いてあるのかな?という希望を持っています。機会を見つけて読了した後にはまたブログでアップしたいと思います(●^o^●)


その他の記事はコチラから
■自己紹介
■アクション
■アドベンチャー
■アニメ映画
■SF
■コメディ
■サスペンス(パニックムービーを含む)
■社会派映画
■時代劇
■ヒューマン(ノンフィクションを含む)
■ファンタジー
■本
■就職活動

■トップへ戻る


↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い

続きを読む

テーマ : 読書メモ
ジャンル : 本・雑誌

P.F.ドラッカー 「マネジメント 基本と原則」

100606_223238.jpg
今日は今週の更新が滞ったお詫びにもう一本ブログをアップしたいと思います(*^^)v
本日の二本目のブログはP.F.ドラッカー「マネジメント」です

何故こんなビジネス書を手にしたかという経緯からお話ししますと、実は私つい最近
まで就職活動をしてまして、その中でビジネスとかマネジメントに興味を持ち、
「就活終わったら読むぞ!」と思って目をつけていた本がこの本だったという訳です^^

4月の終わりに買って読み始めたのですが・・・うーむ・・・(;´▽`lllA``
むずかしい;; 実は帯にも書いてあるようにこの本『もし高校野球の~』の原点となったもので私がこの本を買った本屋でもそちらと二冊平積みにしてありました。
ちなみにそちらは本の表紙がちょっとアニメチックで「萌え」要素が入っているような感じです。
二冊を前に色々考えたのですが「萌え的な表紙の本を真面目っぽく電車の中とかで読んでもかっこがつかないではないか!!」という安易な結論からこちらを手にとって買ったわけです・・・が読んでみて、『もし高校野球の~』が51万部と売れ行きが高い原因がわかりました^^;
「もし高校野球の~」のほうは『マネジメント』の理論を実践する女子高生を主人公にしているのでより理解しやすいんだと思います

萌え的な表紙が恥ずかしいという安易な理由で『マネジメントにしよう!』と思ってる方はブックカバーをかけて頂いて、「もし高校野球の~」の方を購入されることをおススメします


肝心の本の内容についてですが、確かに簡単な内容ではないのですが一つ一つ理解しながら読んでいくとなるほどと思う所が多々あります。
個人的に特に感じたことは
「マネジメントは成果を直接生む部署でないことから長く放置されてきた」ということと
「マネジメントで一番大切なことは常に真摯であること」という2点です。

不特定多数の方の目に触れるブログの中で、詳細に著書についての個人的な解釈を書くことは控えた方が良いと思うので、詳しくは書くことができませんが私自身この本を読んで、
実際に成果を生む部署の人達だけで成果を出す場合よりも更に高い成果を出せるように、マネジメントによってアシストすることが可能だと気付きました。また、成果を直接生みだす部署でないからこそ常にスリムな体系で他の部署に迷惑をかけてはいけないとも感じました。となると、マネジメントは最小の人数で最大の成果をアシストする仕事だという結論に至り高い能力が求められる仕事なんだということを学ぶことができました。

現在マネジメントを職場で行っている方も、そうでない方も手に取ってみると新たな発見が有るかもしれません。おススメです



その他の記事はコチラから
■自己紹介
■アクション
■アドベンチャー
■アニメ映画
■SF
■コメディ
■サスペンス(パニックムービーを含む)
■社会派映画
■時代劇
■ヒューマン(ノンフィクションを含む)
■ファンタジー
■本
■就職活動

■トップへ戻る




テーマ : オススメの本
ジャンル : 本・雑誌

星新一 『声の網』

100606_223125.jpg
今回はこれまでと趣向を変えて本を一冊紹介したいと思います
星新一さんが書いた『声の網』という本をご存知でしょうか?
星新一さんと言えばショートショートの神様として短編作品を数多く世に生み出した
作家として有名です。今回紹介する声の網も、ショートショート同様軽快なストーリー展開
で読み手を飽きさせません一読の価値ありおススメです

話の舞台となるのはメロン・マンションという薄緑色のマンション。
12階建ての建物で、一階部分には民芸品を売る店が入り、2階以降は住居となっています。

話は全部で12の章に分けられており、それぞれの階の住人に起こる事件を扱っています。
最後にこれらの話が結び付き、謎の<声>の正体が明らかになりますその正体は・・・



まずは簡単に各階の住人を紹介していきます。

1階では、店 主が民芸店を営んでいます。ある日彼の元に「これからあなたの店に泥棒が入る」と電話が入ります・・・
そしてその<声>の言う通り、その店は泥棒に入られます。

2階では、夫がいながら、その不在を良いことに他の男性と遊び歩く婦人が住んでいます。

3階に住む月刊誌の記者は、不思議な<声>に自らの秘密を暴露されそうになります。

4階には銀行に務める男が住んでおり、その男が考えることは不思議な ものにコントロールされているような気がします。

5階には亡霊の声に悩まされ、電話につける装置の開発をやらされた夫婦が住んでいます。

6 階には芸能関係で仕事をするアル中の男が住んでいます。彼も不思議な力で何となく生計を立てることが出来ています。

7階には過去の事件の 記憶をガールフレンドとの交際によって忘れかけている少年が住んでいます。

8階には深層心理を探る商売をしている男が住んでいます。この 男も不思議と何とか生計を立てています。

9階には<声>へ反抗した青年が住んでいます。しかし今はその青年も、彼の仲間も反抗した事実す ら記憶から無くなっています。

10階には不思議な<声>の出す指示に操られる男が住んでいます。

11階には体に不自由が あり、部屋にこもって株への投資で生計を立てる男が住んでいます。

12階には老夫婦が住んでいます。ある日この老夫婦は「神」は存在するのではないかという不思議な感覚に捉われ・・・


最後にこれらの物語が一つの大きな物語と して成り立っていきます
このダイナミックな展開がたまりません
そして何より、著者の星さんが1970年にこの作品の初版を書いているという事実です。
ネタばれになるの で詳しく話すことはできませんが、
1970 年の星さんにはすでに現代が見えていた
のかもしれません
・・・というか私には見えていたとしか思えません 凄すぎます
不思議な<声>の正体は 何なのか、『声の網』とはどういう意味?
現代が見えていたっ て??

気になった方、今すぐアマゾンへ飛んでくださいw ブックオフへダッシュでもOKですww
是非是非読んでみてくださいね~^^


その他の記事はコチラから
■自己紹介
■アクション
■アドベンチャー
■アニメ映画
■SF
■コメディ
■サスペンス(パニックムービーを含む)
■社会派映画
■時代劇
■ヒューマン(ノンフィクションを含む)
■ファンタジー
■本
■就職活動

■トップへ戻る



続きを読む

テーマ : オススメの本
ジャンル : 本・雑誌

まとめプラグインv2
05 | 2017/06 [GO]| 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

コメント一覧 トラックバック一覧 プロフィール
WEBコンサルティング・ホームページ制作のバンブーウエイブ
ブログ内紹介アイテム
広告
最新記事
カテゴリー 映画検索はこちらから
ブログ内検索 映画タイトルを入力
FC2カウンター
広告その2
季節のおススメ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

あなたも始めるFC2!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。