映画って本当に良いものですねぇ~♪ 時代劇

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映画59本目『GOEMON』

お久しぶりです。更新が遅くなりすいません(;´▽`lllA``
しかしながらついに本日卒論を提出することが出来ました~
♪ヽ(▽`llllllヽ)(ノllllll´▽)ノ♪←喜んでます
最後の方は担当教授の元へ足しげく通い、ドタバタしましたが4年間の学業の
成果を卒業論文と言う形にすることが出来て嬉しいです。・゜゜・(lll>_<、lllll)・゜゜・。

さて、そんな感慨ひとしおなしゅんが本日ご紹介するのは、宇多田ヒカルさんの
元ダンナ紀里谷和明監督の『GOEMON』です
一作目の『キャシャーン』に続き、独特な紀里谷ワールドが展開されています

GOEMON.jpg

~あらすじ~
舞台は本能寺の変で信長(中村橋之助)が暗殺された後の日本です。
次なる天下人として豊臣秀吉(奥田瑛二)が名乗りを挙げていました。しかし、
民衆の生活は厳しく、戦に巻き込まれたり貧しさから飢餓で倒れる人も・・・。
そんな中主人公の石川五右衛門(江口洋介)は大名や豪商の蔵に忍び入って
金銭を盗み出し、貧しい人々に分け与える義賊として民衆から絶大な支持を得ていました。そんな石川五右衛門はある日、忍び込んだ紀伊国屋文左衛門(六平直政)の蔵から
一つの箱を盗み出します。盗み出してみると大したものではないようだったことから、
あっさり子供にくれてしまいました。しかしその箱は織田から豊臣へ天下人が移った
真相を記した密書が入っていたのですその密書は豊臣側にとって
絶対に公にされてはならないものでした。
豊臣方に追われることになった五右衛門は、かつて服部半蔵(寺島進)の下で共に忍術を学び、お互いを認め合った霧隠才蔵(大沢たかお)と再会します。しかし、才蔵は豊臣方の石田三成(要潤)の隠密となっており、敵対関係として再会することに・・・。

一方、才蔵を召抱えている石田三成の方でも野望が有りました。それは、
主君秀吉を殺して自らが天下人となることです。
そのために才蔵を使って秀吉の弱みとなる密書を手に入れようとしていました。
そしてついには才蔵に秀吉暗殺を命令します。しかし暗殺計画は失敗。全ては才蔵が
仕組んだこととして処理してしまいます。
秀吉暗殺の咎により処刑されることになった才蔵。見物人の中に五右衛門の姿を
見つけた才蔵は「後は頼んだぞ」という言葉を残して熱湯の中へ落ちていきます。

戦乱の世の中で大切な友を亡くした五右衛門。ここでは詳しく語りませんが、
五右衛門は愛する人も失います。
五右衛門は幼少より茶々姫(子役:福田麻由子、成長後:広末涼子)の警護を
信長から任されていました。
信長と言えば本能寺の変前は絶対的な天下人として、世にその名を轟かせています。
その信長の姫である茶々姫は当然、常に城の中にいるので同性の友達なんていう
のは皆無でした。そんな中茶々姫が唯一、気を許せた存在が五右衛門だったのです。
茶々姫は五右衛門に好意を抱きます。五右衛門もその気持ちに気づきますが、身分
違いの恋であり、自分が恋して良い相手ではないという思いから、姫が信長の元から
浅井家に嫁ぐにあたって警備の任を解かれるとその後は会いに行くことも
有りませんでした。(結局詳しく語っていますね

そんな訳で、大切な友・愛する人を亡くすきっかけとなった秀吉を五右衛門は
激しく憎みます。秀吉への復讐を果たした五右衛門でしたが、その後の天下を狙って
石田三成と徳川家康(伊武雅刀)が戦争を起こします。石田三成は才蔵を裏切った
張本人でもあります。戦乱を憎む五右衛門の怒りは頂点に。五右衛門最後の戦いが
始まります。


~感想~
斬新です!まず、この作品は戦国時代をテーマとしていますが、
史実とは全く異なっているということを念頭に置いておかなければ
なりません。城内の装飾なども、東洋のものではなく西洋(南蛮物とも大きく異なる)の感じになっています。タイル敷き?の廊下とかありえません^^; 戦の時の兵士の甲冑も、戦国時代と言うよりはスターウォーズ?に近いです。
更に、史実と違うと言えば、石川五右衛門が豊臣秀吉を殺すと言うのもおかしいです。
史実は逆で豊臣秀吉の手勢に捕らえられた石川五右衛門が、京都三条河原で
処刑されるというものです。
また、史実でないなら石川五右衛門の伝説の方ではないかと考えてみると、
伝説としては伊賀国の百地三太夫の弟子として忍術を学んだという伝説が有るのみであり、服部半蔵との関連は全く出てきません。(共通点は服部半蔵も伊賀忍ということのみです)

さて、ここで伊賀忍という話が出ましたが、忍者には大別すると伊賀忍と甲賀忍の
二種類が有ります。現在の滋賀から三重で一つ山を隔てただけの距離にある二つの
流派ですが、甲賀忍は一人の人に忠誠を誓うのに対し、伊賀忍は報酬によって仕事
を決める点が異なると言われています。

閑話休題。今回は甲賀流は出てこず、登場するのは全て伊賀流の忍者です。
霧隠才蔵も想像上の忍者であり、実在ではないと言われていますが、
想像上は伊賀忍者で百地三太夫の指導を受けたとされています。つまり、
石川五右衛門・霧隠才蔵の本当の師としては百地三太夫がふさわしいのですが、
百地三太夫の名前はあまり知られていないことから、本作では服部半蔵が師
であったということになっています。

この辺りの歴史を考えないで観れば楽しめる作品だと思います。・・・が個人的には
やはり装飾などがあまりにも史実離れしているのでイマイチ入り込めない所が
有りました。信長とか秀吉は凄い服装(スターウォーズ的な)なのに農民は史実通り
の農民の衣裳って感じだったり、城内はタイル張りみたいで凄いのに、場外に
出てみると普通に土の道だし、ファンタジー的な要素が入っている所と史実にあわせた
っぽい所とのギャップが激しすぎます;;
城も西洋のお城みたいで、「小田原城」とかって感じより「シンデレラ城」みたいな
ディズニー??みたいな^^;


ただ、キャストは錚々たるメンバー(猿飛佐助をガレッジセールのゴリさんが演じ、
しかもおっちょこちょいキャラにするのはちょっとって感じでしたが;;)ですし、
従来の時代劇とは一線を画した作品に仕上がっているので
「時代劇って泥臭いからな~」という方にお勧めの一作です!是非一度ご覧ください^^


その他の記事はコチラから
■自己紹介
■アクション
■アドベンチャー
■アニメ映画
■SF
■コメディ
■サスペンス(パニックムービーを含む)
■社会派映画
■時代劇
■ヒューマン(ノンフィクションを含む)
■ファンタジー
■本
■就職活動

■雑記
■トップへ戻る



■この記事を評価して、関連の人気記事もチェック!

★★★★(素晴らしい)
★★★☆(すごい)
★★☆☆(とても良い)
★☆☆☆(良い)
by TREview

スポンサーサイト

テーマ : 映画レビュー
ジャンル : 映画

映画43本目『十三人の刺客』

すっかりお久しぶりになってしまいました^^;
なかなか映画を観る時間が作れず、やっと観たと思ったら
体調を崩すという・・・(;´▽`lllA``
季節の変わり目ですので、皆様もお気を付け下さいね^^

さて、今回こんな病み上がりが(←え)本日ご紹介する映画は、
9月25日に公開されました『十三人の刺客』です
十三人の刺客
一発変換すると“十三人の資格”って出て、ユーキャンの新しいCMみたいになりますw
この映画、実は1963年の12月7日に公開された同名映画のリメイク版となります。
1963年の方では、クライマックスにかけて約30分にわたる殺陣シーンが有るのですが
その部分は時代劇映画史上最長の殺陣シーンと言われているようです。
今回もその部分は踏襲し、迫力のある殺陣シーンが連続します!時代劇ファン
にとっては垂涎ものです

さて、1963年の方とのカラミ紹介はこの位にして、本題の2010年公開版の
十三人の刺客をご紹介します

~あらすじ~
弘化元年(1844年)、明石藩江戸家老:間宮図書(内野聖陽)
江戸幕府筆頭老中:土井利位(平幹二朗)邸前で自刃する所から、ストーリーが
始まります。
間宮の自刃は、明石藩藩主:松平斉韶(稲垣吾郎)の暴虐ぶりを世間に
知らしめることと、そんな彼を近々幕府老中に就任させようとする動きへの抗議の
自刃でした。
この勇気ある自刃によってある決意を固めた土井は、一人の男を自らの屋敷に招きます。その男の名前は御目付七百五十石という石高の家臣:島田新左衛門(役所広司)でした。


ここで、御目付という役職や七百五十石という現代で言うお給料のような物が
出てきましたので少し解説を。「そんなの知ってるわ」という方は飛ばして下さい。
まず御目付という役職ですが、これは監察とも呼ばれて当時の書物にも出てきています。
当時の書物によると、
「目付(監察)という官職は地位としてはそれほど高いものではないが、その実権は
すこぶる大きく、全てにおいて幕府要職の人物に直接話をすることが出来、また色々な
所から出てくるお願いやお伺いのたぐいを、一応必ず目付(監察)が評議してその可否
を行う。また、例え幕府要職の人物の悪い噂であっても躊躇うことなく直訴し、事態に
よっては将軍の前にも出て、将軍に直接申し述べる事が出来る
(訳は私がしたので、一部不適切な部分が有るかもですがこんな感じです)」
となっています。
かなりの見識と信頼が必要とされる役職だったようです。
また、七百五十石という石高ですが、そもそも一石とは人間が一年間に消費する
米の量とされ、キログラム換算すると約150㎏です。江戸時代には給料を米で
貰っている場合が多かったので、この島田という人物は一年間に750石を貰う人物
だったということです。また、この750石は戦時に帯同すべき兵士の数と大体同じと
考えて良いので、有事の際には、島田は数百人程度の兵士を帯同して幕府の窮地を
支える義務を持っていた人物と言えるでしょう。
こう考えると、島田は幕府旗本の立派な侍であることが分かります。


さてさて閑話休題。
土井は島田にある密命を下します。それは「松平斉韶の暗殺でした。
幕府が正式にこれまでの暴虐ぶりを咎として罰することも制度的には出来なくはない
のですが、作中では、斉韶は現在の将軍:徳川家慶の弟ということになっています。
将軍の弟を幕府の手で正式に殺すというのはちょっとマズイ。。。しかもそんな弟である
ということを知らない兄家慶は、斉韶を老中に抜擢する気満々のよう。
こんな男が老中になったら国中がめちゃくちゃにされてしまう!そう決意した土井から
密命を受け、島田は13人の暗殺部隊を編成して参勤交代途中の斉韶一行を
中山道落合宿で待ち伏せし襲撃します。
島田達は密命を達成することが出来るのか続きは是非映画館でご覧下さい

その前に刺客となる13人の名前とキャストをここでご紹介
「←」の後に続くのは私が感じた人物の印象等です

島田新左衛門(御
目付七百五十石):役所広司←信頼感が有って優しそう
島田新六郎(新左衛門の甥):
山田孝之←平和な世に飽きて一世一代の大博打に挑む
倉永左平太(御徒目付組頭):
松方弘樹←釣竿を刀に持ち替えても素晴らしい金さんw
三橋軍次郎(御小人目付組頭):
沢村一樹←爽やかな軍師三国志で言うと陸遜系
樋口源内(御小人目付):
石垣佑磨←こちらも爽やか横山光輝三国志で言うと張苞系?
堀井弥八(御小人目付):
近藤公園
日置八十吉(御徒目付):
高岡蒼甫
大竹茂助(御徒目付):
六角精児←風呂より寝床より「女が欲しい」と豪語した強者w
石塚利平(
足軽):波岡一喜
平山九十郎(浪人・剣豪):
伊原剛志←ザ・剣豪って感じ。硬派です
佐原平蔵(浪人・槍の名手):
古田新太←計画参加時に即金で200両を要求w腕は確か
小倉庄次郎(平山九十郎の門弟):
窪田正孝
木賀小弥太(山の民):
伊勢谷友介←不死身?殴っても殴っても「何?だから何

です!!そうそうたるメンバー
さて、ここでまた役職などで独特なものが出てきてますのでいくつかご紹介。
御徒目付(おかちめつけ)とは御目付の指示によって様々な監察や業務に当たる人
のことを言います。御小人目付(おこびとめつけ)も御目付の指示で牢屋敷の見回りや、
御目付の遠国出張の追随を行いました。

こんな13人に襲撃される明石藩藩主:松平斉韶を必死に庇うのは
明石藩御用人千石の鬼頭半兵衛(市村正親)です
今度は御用人について(役職解説が大変ですね^^;;)
御用人は側用人とも呼ばれて、有名な所では江戸幕府の田沼意次等です。
藩の御用人については藩主が幼いころから馬廻衆等として仕え、藩主の信頼が
厚ければ比較的侍としての身分が低くても登用されることが有りました。
今回の鬼頭もそのパターンのようで、自分の身分と旗本の島田とを比べ、
島田に対して憧れと憎しみの気持ちが混ざった複雑な心情を表現していると
感じられる部分が有りました。


~感想~
終始壮絶です
序盤は松平斉韶の残虐性がこれでもかという位に次々と明らかになっていきます。
手足を切り落として街へ捨てた女性が出てきたり、自らに反旗を翻した者の家族を
的にして弓を射たり・・・
映画館の雰囲気が一気に凍りつくように感じました。それと同時に映画にぐーっと
引き込まれていきます。
そして中盤。松平斉韶を守ろうとする鬼頭と松平斉韶をどこで待ち伏せするかに
苦心する島田達の頭脳戦にハラハラドキドキします。
鬼頭は島田を「武力に優れているわけでも、頭がものすごく切れる訳でもないが
負けない男だ。押されても物怖じせず、最後には競り勝っている。そういう男だ」
と評してその実力を認めます。
実はこの二人、同門で文武を競った仲でした。運命によって若き日の友情も左右
されてしまうという無情さが伝わってきます。
そんな激しさと無情さを感じながら、ついにクライマックス。一時は落合宿を回避
してしまったかと思われた松平の一行が突如落合宿に姿を現します。宿場町全体を
一軒当たり50両で買い取り、要塞化して着々と準備を進めてきた十三人も、
実際に松平の一行を目にするとその人数の多さに圧倒されそうになります。
そんな空気を察して島田が「かかった獲物は大きい方が捕らえ甲斐が有るわ
鼓舞します。
そして200を超える松平勢に挑む13人の刺客達の壮絶な殺陣シーンが続きます。
殺陣シーンでは、刃こぼれや人を切ったことによる斬れ味の悪さを回避するために
街中の至る所に事前に刀を差してあり、リアリティが有りました。たった一本の刀で
何十人も斬って倒すのは不可能ですからね^^;

撮影方法としては、クレーンなどは多様せず手取りのカメラを用いたシーンが多かった
ように感じます。臨場感に溢れる反面、どうしても画面がぶれたりするのでじーっと
見ていると酔ったような感覚になることもあるので、その部分は注意が必要です。

この映画、上映時間は140分と長めですがその長さを感じさせません!

おススメです!!・・・が、血の気の多い映画なので、そういうのが無理な
人と行くのは危険です^^;(私はそういうのが無理な人と行って怒られました;;)



その他の記事はコチラから
■自己紹介
■アクション
■アドベンチャー
■アニメ映画
■SF
■コメディ
■サスペンス(パニックムービーを含む)
■社会派映画
■時代劇
■ヒューマン(ノンフィクションを含む)
■ファンタジー
■本
■就職活動

■雑記
■トップへ戻る



■この記事を評価して、関連の人気記事もチェック!
★★★★(素晴らしい)
★★★☆(すごい)
★★☆☆(とても良い)
★☆☆☆(良い)
by TREview

テーマ : ★おすすめ映画★
ジャンル : 映画

まとめプラグインv2
07 | 2017/08 [GO]| 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

コメント一覧 トラックバック一覧 プロフィール
WEBコンサルティング・ホームページ制作のバンブーウエイブ
ブログ内紹介アイテム
広告
最新記事
カテゴリー 映画検索はこちらから
ブログ内検索 映画タイトルを入力
FC2カウンター
広告その2
季節のおススメ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

あなたも始めるFC2!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。