映画って本当に良いものですねぇ~♪ 社会派映画

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映画69本目『チョコレート』

連日投稿のしゅんです。

本日はアカデミー賞主演女優賞をはじめとして銀熊賞など多くのタイトルを獲得した
2001年公開のアメリカ映画『チョコレート』をご紹介します。

チョコレート

~ストーリー~
主人公の看守ハンク(ビリー・ボブ・ソーントン)は父バック(ピーター・ボイル)の影響で黒人差別主義者。ある日黒人死刑囚のローレンス(ショーン・コムズ)の死刑執行が決まり、
ハンクがその死刑を執行することに。ハンクの息子ソニー(
ヒース・レジャー)もハンク
と同じく看守で、ローレンスの死刑執行に立ち会いますが、ソニーは嘔吐をこらえること
が出来ず、満足に職務を果たすことができませんでした。そんなソニーを弱い人間だと
罵るハンク。ソニーには黒人差別主義思想は受け入れられず、ただ一人の人間の死に
直面したことからの純粋な反応・葛藤でした。思い悩んだ挙句、ソニーは黒人差別主義
思想を持つ父に大きな疑問を感じ、父への愛を打ち明けながら、ハンクとバックの
目の前で拳銃自殺してしまいます。ハンクは絶望し、看守の仕事を辞めることになります。

一方ローレンスの妻レティシア(
ハル・ベリー)はローレンスとの間にできた息子との生活
を維持するため懸命に頑張っていた。ところがある夜、息子が車にひかれてしまう悲劇が・・・。そこに偶然通りかかったのが、息子を失い絶望に打ちひしがれたハンクでした。
病院までの搬送を懇願するレティシアでしたが、彼女はハンクが毛嫌いする黒人です。
ハンクはためらいながらも、二人を乗せて病院へ直行しますが、結局息子は助からず・・・。落胆するレティシアとハンクはお互いの心に空いた大きな穴を埋めるように激しく
お互いを求めます。


~感想~
演技は重々しくてGoodですけど、他はうーんって感じです。
受賞も女優賞や男優賞が中心で、監督賞等は有りません。
(アカデミー賞の前哨戦、ゴールデン・サテライト賞では脚本賞で受賞していますが)
ストーリー的には黒人差別主義の厳格な祖父・父に対し、そうした思想を持たないが
ゆえに葛藤する息子が命を落とし、その事実に愕然とする父親が黒人差別的な思想を
改めるというものです。しかし、肝心の父親が思想を改める場面の描写がいまいち
なので何となくショックを受けて変わったんだなぁ・・・って感じしか得られません。
日常的な世界の中で移り変わっていく感情を捉えると言うことで言えば、あれもアリだと
思いますが、映画なので観ているこちらとしては何らかの盛り上がりとか、感情の激しい
揺れ動きが描写されないと面白みに欠けるように思います・・・。
あと、息子を失ったその日に二人で・・・ってのはどうなの??って感じもします;;

私自身はあまり共感しながらこの映画を観ることができませんでした。残念です^^;


その他の記事はコチラから
■自己紹介
■アクション
■アドベンチャー
■アニメ映画
■SF
■コメディ
■サスペンス(パニックムービーを含む)
■社会派映画
■時代劇
■ヒューマン(ノンフィクションを含む)
■ファンタジー
■本
■就職活動

■雑記
■トップへ戻る




■この記事を評価して、関連の人気記事もチェック!
★★★★(素晴らしい)
★★★☆(すごい)
★★☆☆(とても良い)
★☆☆☆(良い)
by TREview

スポンサーサイト

テーマ : 映画レビュー
ジャンル : 映画

映画47本目『スタンドアップ』

連日アップしていきますよっ!しゅんです。
さて、本日はアメリカで実際にあった訴訟をテーマにした映画『スタンドアップ』
をご紹介します。

スタンドアップ

この映画、出演するキャストがすごいっ
主役のジョージー・エイムズを演じるのは2003年公開の映画
『モンスター』でアカデミー主演女優賞を獲得したシャーリーズ・セロン。それまで演技が一本調子と言うことが言われていた彼女でしたが、『モンスター』で連続殺人鬼の元娼婦を演じることで演技の才能が一気に開花、アカデミー主演女優賞に輝いています。
更に彼女を固める他のキャストには、1996年公開の映画
『ファーゴ』でアカデミー主演女優賞を獲得したフランシス・マクドーマンドがジョージーの同僚役として出演。鉱山という男社会の中で力強く生き抜く女性の代表として好演します。
このように高い演技力を評価されたキャストを配置した手堅い作品となっています。
この映画が扱うのは1988年に実際に起こった世界初のセクシャルハラスメント訴訟です。

~ストーリー~
舞台はミネソタ州の炭鉱町から始まります。
主人公ジョージー・エイムズ(シャーリーズ・セロン)は暴力をふるう夫の元を離れ、息子のサミー、娘のカレンと共に自身の故郷であるこの街で新生活を始めます。しかし、女性が一人で子供を育てていくのは金銭的に難しいものでした。更にジョージーは息子のサミーを産む際、父親が分からないと両親に告白して以来、実家とも疎遠になっていました。
金銭的にも難しく、実家の支援も受けることが出来ない・・・。
苦しい彼女の前に「炭鉱なら普通の仕事の6倍は稼げるわ」そんな言葉をかけたのが、
偶然の再会を果たした高校時代の同級生グローリー(フランシス・マクドーマンド)
彼女の勧めでジョージーも炭鉱で勤めることになります。
しかし、炭鉱に勤める人の男女比は30対1。圧倒的に女性が少なく、女性への配慮に欠ける職場でした。炭鉱経営者の方も「最高裁のお達しがあったから仕方なく雇うんだ」と言う姿勢で「炭鉱は元々男の職場だ」という考えに固執していました

早速男達の執拗なセクハラが始まります。子供じみたちょっかいなら無視することも出来たかも知れませんが次第にエスカレート。壮絶な内容はブログでは書けませんので是非DVD等で実際にご覧ください。
こうした女性迫害(セクシャルハラスメント)に耐えきれなくなったジョージーはついに裁判所に提訴します。「味方は集められるか?」集団訴訟になれば勝ち目が有ると判断したジョージーの弁護士でしたが、なかなか味方が集まりません。ジョージーの同僚である鉱山の女性労働者も報復を恐れ、最初はジョージーの提訴に賛同できないでいます。
いよいよ裁判が始まります。ジョージーはどんどん不利な立場に立たされます。更にジョージー自身の過去の男性遍歴まで暴露され、「ジョージーから誘ってきたのだ」とまで主張される始末・・・。しかし、高校時代のジョージーの恋人で現在の炭鉱では
同僚となるボビー(ジェレミー・レナー・・・ちなみに彼は2008年公開の映画
『ハート・ロッカー』でアカデミー賞主演男優賞にノミネートされました)
が証言台に立った所から、状況は変化していきます。彼も最初はジョージーから誘ったと証言していましたがジョージーの弁護士の尋問によってついに証言を変えます。ここから一気にジョージー有利に進んでいきます。ジョージーの提訴にグローリーや他の女性鉱山労働者、男性鉱山労働者も賛同し、ついに集団訴訟となります。
最終的にジョージー達は勝訴、会社側から多額の賠償金と「女性をセクハラから守る」規定を獲得することに成功します。

~感想~
重々しいです。彼女達の努力のおかげで現在、セクハラという言葉が広く認知され、日本においても「男女共同参画社会基本法」「雇用機会均等法」に結びついたと思うと考えさせられます。(厳密に言うと雇用機会均等法は1985年改正で女性差別に関する条項が追加されたりしているようなので、この映画の制作前ですが)
元々男女には役割の違いが有ると言うことは間違いないと思います。まったく同じ身体構造ではないので。
しかし、それだけを理由に特定の仕事に就くことが叶わなかったりするのはやっぱりおかしいんだなと感じました。「炭鉱は男の職場だ」という話でしたが、男性でなければ絶対に出来ない仕事は有りませんでした。
確かに体力や筋力を必要とする仕事かもしれません。しかし、女性だから体力や筋力が無いというのは嘘です。女性は、男性では耐えられない程の痛みに耐え、男性では耐えられない程の体力を使って出産すると言う話を聞いたことが有ります。女性だってトレーニングすればボディービルダーのように男性を凌ぐ筋力を付けることだって出来ます。
それなのに「男だから」とか「女だから」という理由で特定職業への就業を拒むと言うのはやはりおかしいと感じました。

映画の構成に関しても実話を基にしているので、あまり劇的な裁判の流れの変化等は表現されません。しかし、それが逆に現実の裁判を忠実に再現しているように思えて好感が持てました。仕事に携わる全ての人に観て頂きたい映画でした。


その他の記事はコチラから
■自己紹介
■アクション
■アドベンチャー
■アニメ映画
■SF
■コメディ
■サスペンス(パニックムービーを含む)
■社会派映画
■時代劇
■ヒューマン(ノンフィクションを含む)
■ファンタジー
■本
■就職活動

■雑記
■トップへ戻る


■この記事を評価して、関連の人気記事もチェック!
★★★★(素晴らしい)
★★★☆(すごい)
★★☆☆(とても良い)
★☆☆☆(良い)
by TREview

テーマ : 映画レビュー
ジャンル : 映画

映画32本目『大統領の陰謀』

こんにちは^^今日は台風が近づいていることもあってか、関東地方は
非常に風が強いです。。。列島各地に深刻な被害が無いことを祈ります;;
風と言えば私は小さい頃自分のことを「風が操れる少年だと思っていましたw
なんとなく自分が「風起これ~」と思うと風が吹いたような気がしていたんですね~
今にして思うと恥ずかしい(*^_^*)
皆さんには恥ずかしい特殊能力を持ってい(ると思ってい)た過去ってありますか?

こんな私が紹介する本日の映画は社会派サスペンス映画
『大統領の陰謀』です
大統領の陰謀

~ストーリー~
アメリカ大統領リチャード・M・ニクソンのウォーターゲート事件に絡むお話です。

1972年6月17日土曜日の午前2時30分。ワシントンのウォーターゲート・オフィス・ビル
の5階にある民主党本部に5人の男たちが侵入します。民主党のキャンペーンを攪乱
するために、秘かに雇われた者たちでした。この5人は後に元CIAの情報部員と
大統領再選委員会の委員で固められていることが明らかになります。仕事は誰にも
知られることなく行われるはずでしたが、不法侵入の現行犯で逮捕されてしまいます。
(おいっ元CIA頑張れ^^;;)

ワシントン・ポスト紙の記者ボブ・ウッドワード(ロバート・レッドフォード)は、
ウォーターゲート事件が起きてから7時間後に、上司のハワード・ローゼンフェルド
(ジャック・ウォーデン)
に呼ばれます。一方、同じポスト紙のベテラン記者
カール・バーンスタイン(ダスティン・ホフマン)も、この事件に興味を示しており、
彼とタッグを組んでこの事件を担当することになります。
はじめのうちはこの侵入事件は狂信者たちの単独犯によるもので,ニクソン大統領の
選挙運動本部から認められたものでも、援助を受けているものでもないと思われ、
ホワイト・ハウスの人間とはまったく無関係と思われていました。

しかし取材を続けるうち、侵入者の1人、ジェームズ・W・マッコード・ジュニアが、
最近CIAを辞めたことを認めますウッドワードはこの時、この事件がホワイト・ハウス
から発表されているような政治狂信者の仕業とか単なる三流の侵入事件ではない事を
悟ります

最初のうちは政治の厚い壁に阻まれて試行錯誤のくり返しでしたが、謎の人物
ディープ・スロート(ハル・ホルブルック)の、『金を追え』という示唆に従ってニクソン
再選委員会の選挙資金を追求するうちに、その裏に隠された陰謀が次第に鮮明に
なっていきます。
裏付け調査を終えた2人の暴露記事がついに全世界に報道される日がやってきます。
ワシントン・ ポスト紙は政治権力からの激しい非難を受け、更には不吉な警告が・・・
ウッドワードとバーンスタイン、それにワシントン・ポスト紙の同僚たちは、こうした
プレッシャーにも負けず、ついに侵入犯と政府の関連を立証します。
両記者の徹底的な調査は半信半疑で当惑する市民たちに、政府の高官たちの犯罪的な裏切り行為を納得させるに充分でした。2人の記事は国会で真相を究明することを促し、さらにそれは政府や陰謀者たちの不安をつのらせ、ついにはニクソン大統領失脚のきっかけを与えることになりました。

~感想~
ウォーターゲート事件に絡む一連の予備知識が無いと楽しむのは難しいと思います^^;
私自身もほとんど予備知識が無い状態で観始めてしまったので登場人物の多さに
ついていけなくなってしまいました(;´▽`lllA``
でも、映画自体は面白い実際に遭った事件を題材にしているのでリアリティも有り、
記者の丁寧な取材姿勢も画面を通して伝わってきます。
更に、その後ちょっとヤフーで調べてみると、謎の人物ディープ・スロートは警察側の
偉い人なようで、この事件が警察によるメディアを利用した政治介入の構図を暗に
示している所も、面白い所です
後は、出演陣が良いですね~^^ダスティ・ホフマンなんか若々しいです(●^o^●)
身長があまり高くないので、アメリカの俳優と並んでしまうとスタイル的には厳しい所が
有るかなぁと思いましたが、演技の方はさすがですo(・∇・o)(o・∇・)o
熱心な二人の記者によって明らかになった今回の事件ですが、これがもし見過ごされて
いたとしたら・・・そう考えるとちょっと怖くなる映画でもありました


その他の記事はコチラから
■自己紹介
■アクション
■アドベンチャー
■アニメ映画
■SF
■コメディ
■サスペンス(パニックムービーを含む)
■社会派映画
■時代劇
■ヒューマン(ノンフィクションを含む)
■ファンタジー
■本
■就職活動

■雑記
■トップへ戻る


■この記事を評価して、関連の人気記事もチェック!
★★★★(素晴らしい)
★★★☆(すごい)
★★☆☆(とても良い)
★☆☆☆(良い)
by TREview

テーマ : 映画レビュー
ジャンル : 映画

映画31本目『影の軍隊』

最近バリアフリーが浸透してきて、関東の駅などでは大体全ての駅にエレベーターを
見かけるようになりました。私が普段使用する駅にもエレベーターがついたので早速
使用したのですが・・・暑い
夏のエレベーターって猛烈な暑さになってますね。。。
ものぐさ精神全開でエレベーターに乗った私への罰でしょうか^^;;
入った瞬間の熱気で一瞬「うっ・・・」ってなったのですが、勢い良く入って閉まるボタン
を押してしまった手前、今更出るのは負けな気がしてそのまま使ったのですが・・・
再び扉が開くのがもう少し遅かったら、あっという間に汗だくでしたよ(;´▽`lllA``

こんな話を続けても仕方ないので←え
本日ご紹介する映画はフランス映画『影の軍隊』です
1969年に公開された映画で、第二次世界大戦中のナチス占領下のパリが舞台となります。
影の軍隊
~ストーリー~

主人公フィリップ・ジェルビエ(L・バンチュラ)が、ある日、ドイツ軍に逮捕され、
キャンプに入れられるシーンから始まります。彼は数ヵ月後、ゲシュタポ本部へ連行
されることになりますが、一瞬のすきをみて脱出し、ドイツへの抵抗運動に身を投じる
こととなります。そうしたある日、彼はマルセイユに行き、フェ リックス(P・クローシェ)
ル・ビゾン(C・バルビエ)ルマスク(C・マン)等と一緒に裏切り者の同志
ドゥナ(A・リボール)の処刑に立ちあいます。その後に、彼は、名高いパリの女闘士
マチルド(S・シニョレ)に、通信機をとどける任務を受けパリへ赴くついでに、学者である兄のリュック・ジャルディ(F・ムーリッス)を訪ねます。しかし芸術家肌の兄を心よくは思うことはできませんでした。「血の繋がった兄よりも同志たちの方が信頼できるのはなぜだろう。同じ任務を共にしているからだろうか。」というジェルビエの葛藤も起こります。
しばらくの後、ジェルビエは再び逮捕されます。独軍の残虐な処刑に、もはや最後と思っていた彼を救ったのは、知略にすぐれたマチルドでした。それからしばらくたった頃、隠れ家で休養をとっていたジェルビエを、ジャルディが訪ねます。彼の来訪の目的はマチルドの逮捕されたことを告げるためと、口を割りそうな彼女を、射殺するということでした。現在、仮出所中の彼女も、それを望んでいる、と彼はジェルビエに伝えます。そして、エトワール広場を一人歩く彼女に弾丸をあびせたのは、彼女を尊敬するジャルディ、ジェルビエ、ル・ビゾン、ルマスク等仲間たちでした。

~感想~
なんだかわからない・・・?(;´▽`lllA``←
『影の軍隊』という題名から日本の忍者的な感じとか、裏でドイツ側にダメージを与えて
行くとか、考えているとちょっと裏切られる映画だと思います。
結局のところこの映画では、ドイツに対するレジスタンス運動を展開しようとするけど、
同志の裏切りや相次ぐ逮捕などによって組織全体が巧みに弱体化させられていく過程
を捉えたものと考える方が自然だと思います。
ここから、結局のところレジスタンス運動は無力であるということと内部確執によって瓦解してしまうということを訴える映画となるのではないでしょうか?
この映画公開当初はレジスタンス運動を肯定するものとしてアメリカでは公開禁止
となる等の問題となっていたようですが、2006年にアメリカで公開されてからはいくつかの表彰を受けるようにもなっている、まさに時代の影響で評価が変わっていく映画と言えると思います。


その他の記事はコチラから
■自己紹介
■アクション
■アドベンチャー
■アニメ映画
■SF
■コメディ
■サスペンス(パニックムービーを含む)
■社会派映画
■時代劇
■ヒューマン(ノンフィクションを含む)
■ファンタジー
■本
■就職活動

■雑記
■トップへ戻る


■この記事を評価して、関連の人気記事もチェック!

★★★★(素晴らしい)
★★★☆(すごい)
★★☆☆(とても良い)
★☆☆☆(良い)
by TREview

テーマ : 映画レビュー
ジャンル : 映画

まとめプラグインv2
07 | 2017/08 [GO]| 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

コメント一覧 トラックバック一覧 プロフィール
WEBコンサルティング・ホームページ制作のバンブーウエイブ
ブログ内紹介アイテム
広告
最新記事
カテゴリー 映画検索はこちらから
ブログ内検索 映画タイトルを入力
FC2カウンター
広告その2
季節のおススメ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

あなたも始めるFC2!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。