映画って本当に良いものですねぇ~♪ SF

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映画68本目『ハンコック』

ここの所また久々にしっかりブログを更新しているしゅんです。
しっかり更新しているのには理由が・・・私事で20日~25日まで
ブログのアップが出来なくなってしまいまして・・・(;´▽`lllA``
その罪滅ぼしを先にやってしまおう!という作戦で有ります<m(__)m>(笑)

それでは、本日ご紹介するのはウィル・スミス主演映画『ハンコック』です

ハンコック

~ストーリー~
主人公ハンコック(ウィル・スミス)は強力なパワーと不死身の体を持つ人間です。
更に空を自由に飛び回ることまでできちゃいます。そんな彼は、その能力を活かして
凶悪犯を捕まえて市民に貢献・・・しているのですが、市民からしてみると大迷惑
なぜなら、彼が犯人を追いつめるやり方があまりにも乱暴なので、その為にかえって
大きな損害が出てしまうのです
カーチェイスしている犯人グループの車に飛んで行って、車の屋根を引き剥がして
ぶん投げ、犯人達との交渉がめんどくさくなるとその車を持ちあげて尖塔のてっぺんに
突き刺してしまうような始末・・・
彼は人々に嫌われてしまう存在でした。。。

ある日ハンコックは、広報戦略の仕事をしているレイ・エンブリーの命を救いますが、
ここでもやりすぎが災いし周りの市民からブーイングを受ける羽目に。しかし、レイは
ハンコックのお陰で命が助かったとハンコックに礼を言い、愛されるヒーローになる
ためのイメージ戦略をハンコックに持ちかけます。
イメージ戦略のお陰で徐々に市民からの信頼を得、スーパーヒーローとなっていく
ハンコック。しかしそんなハンコックの様子を不安げに見つめる女性がレイの妻
メアリー(シャーリーズ・セロン)でした。

ハンコックとメアリーの間の秘密とは?ハンコックは無事更生することが出来るのか?
全てはDVDでご覧下さい


~感想~
前半は良いんだけどな~
後半、メアリーにも超能力が有ることが判明します。実は二人は夫婦で、
近づきすぎるとお互いの超能力が消滅してしまうために別々の生活を送っていました
(ハンコックは記憶喪失になっているので覚えていませんが、メアリーがその事実をハンコックに伝えます。)。それでもレイの登場により近づいてしまったハンコックとメアリー。
超能力を失った所に、かつてハンコックによって収監された脱獄囚たちが復讐に
やってきます。何だかんだでそいつらを倒してハッピーエンドなんですけど、
なんだかな~・・・

なんていうか・・・せっかくの超能力がそんなに活かされてない感じがします(;´▽`lllA``
超能力系では『ファンタスティック・フォー』ご紹介したことが有りましたが、
そちらでは強力な悪役がいて、超能力を持った体でないとそいつに立ち向かえないこと
が切なく、物語を面白くさせていました。
今回出てくる悪人はせいぜい街のギャング風情なのでなんとも残念です・・・。
個人的にはターミネーター3みたいに、実はメアリーがハンコックよりも更に強い超能力
を持った悪役で、レイを使って地球征服をたくらんでいることが判明し、
ハンコック対メアリーの死闘が・・・みたいな方が面白い気がするんですけどね^^;

後半の評価は人によって大きく分かれると思います。私の評価は残念ながら勿体ないな
という感じです。
ただ、ウィル・スミスなので軽快に笑って楽しむことが出来る映画
であることは間違いなしです!!そういうのを求めている方、おススメです!

ただし!!吹き替え版はあまりおススメしません。
やっぱりウィル・スミスの面白さは字幕版でないと半減してしまいますね



その他の記事はコチラから
■自己紹介
■アクション
■アドベンチャー
■アニメ映画
■SF
■コメディ
■サスペンス(パニックムービーを含む)
■社会派映画
■時代劇
■ヒューマン(ノンフィクションを含む)
■ファンタジー
■本
■就職活動

■雑記
■トップへ戻る



■この記事を評価して、関連の人気記事もチェック!

★★★★(素晴らしい)
★★★☆(すごい)
★★☆☆(とても良い)
★☆☆☆(良い)
by TREview

スポンサーサイト

テーマ : 映画レビュー
ジャンル : 映画

映画58本目『SPACE BATTLE SHIP ヤマト』

お久しぶりです^^卒論締め切りに追われヒーヒーしているしゅんです

本日は12月1日に公開された映画
『SPACEBATTLESHIPヤマト』
をご紹介します

ヤマト

~あらすじ~
外宇宙に突然現れた正体不明の敵・ガミラス(伊武雅刀)が地球への進攻を開始します。
世界各国は全戦力を結集して防衛に当たりますが全滅・・・。ガミラスによって投下された無数の遊星爆弾(小惑星のような外観を持つ爆弾で、爆発と同時に周囲に甚大な被害をもたらすとともに、海を蒸発させたりガミラスの生活に適した放射能の豊富な環境に変える役割も果たす。)によって人々は地下へ退避することに。地上は放射能に満たされ、町中が破壊され、海が干上がった地獄のような空間・・・。人々は絶望の中で生活を続けます。そんな地下で暮らす人々の中には、かつて地球軍のエースパイロットとして戦った古代進(木村拓哉)の姿もありました。古代は、自らが撃墜した遊星爆弾がスペースブリッジに着弾し両親を亡くしてしまった哀しみから立ち直ることができず、軍を除隊していたのでした。

そんなある日、地球に未確認物体が落下します。それは地球から遥か彼方の惑星、イスカンダルからのカプセルであった。カプセルからの情報によるとイスカンダルには放射能を浄化できる装置があるとのこと。それを地球に持ち帰り、地表の放射能を浄化できれば人々は再び地表で生活できます。更にそこからガミラスとの決戦に再び臨むことができるかもしれない・・・。
最後の希望に賭けるため、防衛軍は最後の戦艦「ヤマト」を建造しイスカンダルへの派遣を決定します。その知らせを聞き、戦場への復帰を決意した古代はヤマトへの乗艦を志願します。ヤマトの壮絶な戦いがいよいよ始まります。


~感想~
戦闘シーンは圧巻です。CGを駆使しての戦艦同士の戦いは一見の価値あり!更にキャスティングも錚々たるメンバーが集結しています。山崎努(船長:沖田十三)堤真一(古代の兄:古代守)柳葉敏郎(ヤマト技師長:真田志郎)などなど。西田敏行さんや緒形直人さん、高島礼子さんなどのキャストも充実しています。
うーん・・・という点としては原作のヤマトは観たことがないので何とも言えませんが、木村拓哉と黒木メイサの恋愛的なのは余計かな・・・?ラストシーンで子供までできちゃう展開は飛躍しているような気もしました。
純粋なSFファンと恋愛チックなのも求めるファンの両方を取り込むためにつけたような感じがして残念でした;;

キャストに関しては最初のヒロイン役は黒木メイサさんではなく沢尻エリカさんに内定し ていましたが、沢尻さんの一連の問題で黒木さんに決まったようです。また、主演の木村拓哉さんは大河ドラマ「龍馬伝」のオファーもあったようですが、この映画があるため龍馬伝出演を断ったというはなしもあります。それだけの意気込みで臨んだ本作品、ぜひご覧ください


その他の記事はコチラから
■自己紹介
■アクション
■アドベンチャー
■アニメ映画
■SF
■コメディ
■サスペンス(パニックムービーを含む)
■社会派映画
■時代劇
■ヒューマン(ノンフィクションを含む)
■ファンタジー
■本
■就職活動

■雑記
■トップへ戻る




■この記事を評価して、関連の人気記事もチェック!
★★★★(素晴らしい)
★★★☆(すごい)
★★☆☆(とても良い)
★☆☆☆(良い)
by TREview

テーマ : 映画レビュー
ジャンル : 映画

映画55本目『ペイチェック』

こんにちは^^本日紹介する映画はカテゴリ分けが難しい(;´▽`lllA``
基本的にはSF小説を映画化したのでSFと言うことで良いかと思うのですが、サスペンス要素ありアクション要素ありの欲張りな一作『ペイチェック』をご紹介します。
監督はジョン・ウー。ジョン・ウー監督がSFっていう組み合わせも以外ですが、良い効果出てます(^◇^)

ペイチェック

~ストーリー~
「お前の記憶と引き換えに大金のペイチェック(給料小切手)を掴みたいと思わないか?」
そんなスリリングな設定から物語が始まっていきます。
主人公のマイケル(ベン・アフレック)はフリーのコンピュータ・エンジニアです。彼は会社に自らの全てを捧げて研究を行い、契約期間終了後に機密保持のためその記憶を消す代わりに多額のペイチェックを受け取る生活をしていました。
そんな彼にある日、大企業のオールコム社から9000万ドルの報酬でプロジェクトを行って欲しいと依頼が入りました。その代償となるのが3年間の記憶消去。どんなに長くても3カ月が人間の限界と言われており、マイケルの友人でマイケルの記憶消去を行ったことが有るレスリックは「そんな危険な仕事には首を突っ込まない方が良い」と忠告します。
しかしマイケルはその忠告には耳を傾けずにプロジェクトに参加することに・・・

気がつくとマイケルのプロジェクトは終了していました。もちろん3年間分の記憶は一切消されています。
9000万ドルのペイチェックを受け取り、意気揚々とオールコム社を後にするマイケル。早速弁護士事務所に向かいペイチェックの引き換えの為の相談をしようとすると弁護士は「マイケルさんはペイチェックの権利を放棄されています」
弁護士から衝撃的な一言を聞いたマイケル。「そんなはずはない!」と大騒ぎします。しかしマイケルは2週間前に自らのペイチェックを放棄し、代わりに2週間後(つまり現在)のマイケルに宛てて一通の封筒を弁護士事務所に残して行ったのでした。中に入っていたのは
19個のガラクタ
ばかり・・・。「こんなものを9000万ドルの代わりに預けていく訳がないだろ!」と激高するマイケルですが、それは紛れもない事実でした。
何かが有ったに違いないとオールコム社に接触しようとするマイケルでしたが、逆にオールコム社から命を狙われてしまいます。
更にFBIも重要機密の開発に関わった被疑者としてマイケルの拘束に動きだします。

マイケルはオールコム社・FBIの追跡を逃れることが出来るのか?そして9000万ドルのペイチェックと引き換えにマイケルが手に入れたガラクタは一体何の為に?更にプロジェクト中に愛をはぐくんだレイチェル(ユマ・サーマン)を守りきることはできるのか?
是非DVD等でご覧下さい



~感想~
特に男の人大好きムービーだと思います(>_<) 記憶を無くしたマイケルが手に入れたガラクタの意味が少しずつ明らかになり、そのガラクタが次々とマイケルに襲いかかる危機を救います。ちなみにここで、マイケルが手に入れた19個の品物をリストアップしておきたいと思います。

品物一覧:
・タバコひと箱
・サングラス
・バスの一日乗車券
・指輪
・“行けない所ばかり見ていては大金を逃す”と印刷されたメモ書きと謎の数字の刻印
・地下通路へ繋がる鍵
・ライター
・スプレー
・金属製のクリップ
・存在しない銀行のマッチ
・乗り物(手に入れた時は何の乗り物かは不明)の鍵
・凸レンズ
・金属製の玉
・オールコム社のゲートを通過するための通行証
・硬貨一枚(1ドル硬貨位の大きさ)
・解きかけのクロスワードパズル
・ピストルの弾一発
・デジタル腕時計のようだけれども何も表示されないもの
・六角レンチ

これらの品がどのように使われていくか、ハラハラドキドキしながらあっという間に観れてしまう映画です。
個人的には六角レンチだけどこで使われたのか見落としてしまいました^^; わかった方教えて頂ければと思います。



その他の記事はコチラから
■自己紹介
■アクション
■アドベンチャー
■アニメ映画
■SF
■コメディ
■サスペンス(パニックムービーを含む)
■社会派映画
■時代劇
■ヒューマン(ノンフィクションを含む)
■ファンタジー
■本
■就職活動

■雑記
■トップへ戻る



■この記事を評価して、関連の人気記事もチェック!

★★★★(素晴らしい)
★★★☆(すごい)
★★☆☆(とても良い)
★☆☆☆(良い)
by TREview

テーマ : ★おすすめ映画★
ジャンル : 映画

まとめプラグインv2
09 | 2017/10 [GO]| 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

コメント一覧 トラックバック一覧 プロフィール
WEBコンサルティング・ホームページ制作のバンブーウエイブ
ブログ内紹介アイテム
広告
最新記事
カテゴリー 映画検索はこちらから
ブログ内検索 映画タイトルを入力
FC2カウンター
広告その2
季節のおススメ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

あなたも始めるFC2!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。