映画って本当に良いものですねぇ~♪ アクション

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映画80本目『王妃の紋章』

東北関東大震災の影響で、大きな被害が出ています。
幸い私の住む所は計画停電も今の所一度も起こらず、生活することが出来て
いますが、被災地の様子や計画停電中の様子を見るにつけ
是非とも何とか復興へ向けて頑張って頂きたいと願うばかりです。
一日も早く、被災地の全ての皆様に温かい毛布・食事・住まいが提供されることを祈ります。

そんな本日ご紹介する作品は、このブログでも何回か紹介している
チャン・イーモウ監督作品『王妃の紋章』です。この作品は2008年春に公開
されたのですが、北京オリンピックをにらんで、日本円にして50億円近い製作費をかけて作られた作品で、中国の国威発揚の一翼を担った側面もあるのではないかと言われている映画です。

王妃の紋章

~ストーリー~
舞台は後唐(こうとう 923~936年)時代の王家と言うことになっています(フィクション)。
菊の節句と言われる9月9日の重陽節(陰陽道では奇数は陽の数とされ、一桁の数のうち最大の奇数である”9”が重なる日。陽の数が重なる日は陽の気が強すぎるため不吉とされ、それを払う行事として節句が行なわれており(三月三日の桃の節句や五月五日の端午の節句も同様)、中でも9は最大の「陽」であり、特に負担の大きい節句と考えられていました。後に、陽の重なりを吉とする考えに転じて祝い事となり、旧暦では菊が咲く季節であったことから菊の節句と呼ばれています)を迎えるため、国では準備が着々と進んでいました。

この日の祝祭を迎えるため、遠征に出ていた国王(チョウ・ユンファ)と当時外敵であったモンゴル軍討伐のため地方に出ていた第二王子の傑(ジェイ・チョウ)も王宮に帰ってきます。しかしそのめでたさとは裏腹に、王宮内部には不穏な空気が漂っていました・・・。
王と王妃(コン・リー)の関係はとうの昔に冷めきっており、王妃は王の前妻の子である第一王子(リウ・イェ)と長年に渡り不義の関係を続けていました。そんな様子に気付いた王は、表向きには病気がちな王妃を気遣っているように振舞いながら、自らの腹心の宮廷医に命じて“特殊な薬”を調合させます。中には西域から取り寄せたトリカブトが入っており、時間をかけて飲ませ、少しずつ王妃を死に追いやろうとしているのでした。その薬を毎日、決められた時間に決められた量だけ飲むことが王妃に課せられた絶対の掟でした。
宮廷内に宮廷医の妻(チェン・ジン)を密偵として放ち、自らが飲まされている薬の中身を突き止めてもなお、薬を飲むことをやめようとしない王妃の決意、また密偵となった宮廷医の妻も王を恨む理由がありました。
王妃は徐々にトリカブトによって蝕まれる体に鞭打って、重陽節の為の菊の刺繍を一心不乱に続けるのでした。

誰もが素知らぬ顔で表面だけを取り繕い、それぞれが胸に秘めた策略を練り上げていきます。それは、王家の中で唯一けがれを知らず無邪気と思われた第三王子(チン・ジュンジェ)も例外では有りませんでした・・・。

重陽節の夜、ついに解き放たれる黄金の一族の憎悪と陰謀。数百万の菊花に埋め尽くされた荘厳華麗な宴の夜に、国を揺るがす大惨事が起こります。続きはDVD等でご覧下さい




~感想~
圧倒的な映像美です。このブログでも何度か映像美については記述してきましたが、流石に製作費50億円かけてるだけあって、今作品は群を抜いています。まず王であるチョウ・ユンファが着用した衣装や黄金の鎧は125万元
(1円=12元(3月17日現在)として計算すると約10万円?・・・)、王妃の衣裳も同じくらいの値段がかけられ、荘厳に作られました。また衣装のイメージとしては史実通り中国の壁画を基にするのみならず、フランスの宮廷風のアレンジを加えることで、一層の華やかさを演出したそうです。
また、セットに関しても唐代の建物を実際に制作し、その中で撮影を行っています。特に王宮作りには300人の職人が5カ月かけて制作したと言う力の入れよう。瑠璃(中国のアートガラス)も壁や柱・天井に所狭しと配置され、映画照明に反射して独特の世界観を作り出すのに一役買っています。

ストーリーとしても今作品はとても面白く仕上がっています。それぞれが表面上は何事もなく振舞いながらも心の底で策略を練り、その為の周到な準備をしています。その辺りの描写は見事です。
ただ、最後のアクションシーンは頂けません。そりゃないだろってくらい大量の兵士がぶつかり合う訳ですが、個人的には兵士の数=荘厳さとか壮大さ ではない気がします。チャン・イーモウ監督お得意のパターンでは有るので最後はそうなることは想定していましたが、何ともあっけないと言うか、無理やり力で話を終わらせる感じが個人的にはあまり好みでは有りませんでした。
後、おかしいのは密偵や、王を守る影の部隊?の衣裳ですかね。おそらく日本の忍者をイメージしていると思うのですが、あれだけ荘厳な王宮の中で偵察活動をしたり、王の護衛をしたりする時に黒一色ではかえって目立ってしまいます(笑)
その辺りはもう少し考えた方が良いのかなと思いました。(しかしながら、黒い衣装=忍びとか隠密っていうイメージが見ている側ですぐに出来るという辺りで致しかたない所なのかなとも思いますが。)


その他の記事はコチラから
■自己紹介
■アクション
■アドベンチャー
■アニメ映画
■SF
■コメディ
■サスペンス(パニックムービーを含む)
■社会派映画
■時代劇
■ヒューマン(ノンフィクションを含む)
■ファンタジー
■本
■就職活動

■雑記
■トップへ戻る



■この記事を評価して、関連の人気記事もチェック!
★★★★(素晴らしい)
★★★☆(すごい)
★★☆☆(とても良い)
★☆☆☆(良い)
by TREview

スポンサーサイト

テーマ : ★おすすめ映画★
ジャンル : 映画

映画79本目『沈黙のテロリスト』

本日は久々のセガールアクション『沈黙のテロリスト』
をご紹介します

沈黙のテロリスト

~ストーリー~
サンフランシスコ警察のレイ(トム・サイズモア)はある夜、相棒ファジー(ナス)と麻薬捜査中に不審な集団と遭遇します。逮捕しようとしたものの、反撃に遭い、相棒を失い、謎の女性クレア(ジェイミー・プレスリー)以外は皆取り逃してしまいます。クレアへの取り調べを始めたところ、彼女の一味であるスワン(デニス・ホッパー)から、彼女を釈放しなければ街を爆破するという無差別テロの予告電話が入ります。一度はこの予告電話を無視した警察でしたが、予告通りに街の一部への爆破が実行されてしまいます。途方に暮れたレイは、爆弾処理班の指揮官グラス(スティーヴン・セガール)に協力を求めます。グラスはクレアの身に着けていたブレスレッドが殺傷能力の高い爆弾の起爆剤であることに気づきます。そして「これを自分のセンスで身につけてる女がいるとすればかなりヤバい奴だぞ。」そう警告します。レイは相棒を失った悲しみから一人必死に捜査を続けますが、なかなか犯人にたどり着くことができません。焦る気持ちが空回りして、他の警察職員とも衝突してしまいます。そんな様子を見たグラスは自らの班に暫く彼を貸し出してくれるよう、レイの上司に願い出てレイを借り受けます。

レイとグラスは合同で捜査を続けます。いよいよ犯人を掴みかけてきた所で、クレアを解放せざるを得なくなってしまいます。足首に発信器を付けた上でクレアを解放する警察でしたが、クレアはやがて警察をまきスワンと合流します。最後の戦いが始まります。レイは相棒の敵討ちをすることが出来るのか?グラスは無事に爆弾を排除することが出来るのか??続きはDVDでお楽しみください。


~感想~
うーん・・・
今までの「沈黙」シリーズとは全く違うテイストの作品になっています。
まず、主人公はセガールと言うよりもトム・サイズモアですね(;´▽`lllA``
セガールは血気盛んなトムに知恵を付けたり、先導しながら導くアドバイザー的な役柄になっています。
そのため、当然沈黙シリーズおなじみのセガールアクションもほとんど封印。しかもただでさえ少ないセガールアクションの部分が、カメラワークと照明具合があまり良くなく、イマイチどんなふうにアクションしているのかわからない始末;;
この作品に『沈黙』という冠を付けるのは間違っていると思います^^;
スティーブン・セガールが出てる=「沈黙」という安直な冠のつけ方は良くないと思ってしまいました。



その他の記事はコチラから
■自己紹介
■アクション
■アドベンチャー
■アニメ映画
■SF
■コメディ
■サスペンス(パニックムービーを含む)
■社会派映画
■時代劇
■ヒューマン(ノンフィクションを含む)
■ファンタジー
■本
■就職活動

■雑記
■トップへ戻る


■この記事を評価して、関連の人気記事もチェック!

★★★★(素晴らしい)
★★★☆(すごい)
★★☆☆(とても良い)
★☆☆☆(良い)
by TREview

テーマ : 映画レビュー
ジャンル : 映画

映画77本目『三国志』

さぁ、体がアクションを欲しております
(このブログのタイトルもっと過激なアクションっぽいのにしようかなぁ^^;w)

本日ご紹介するのは、このブログでも紹介したレッドクリフシリーズ(PartⅠ PartⅡ)と同様の三国志をテーマにした、その名も『三国志』・・・まんまじゃんっ!て感じの突っ込みを入れながら鑑賞開始です。

三国志

~ストーリー~
主人公の趙雲(アンディ・ラウ)が劉備の部隊に志願する所からストーリーは始まります。
志願してきた趙雲を面接したのが彼と同郷の羅平安でした。無事に入隊を果たした趙雲は同郷の羅平安を兄上と呼んで慕います。

そんなある日、劉備軍を追って曹操軍が進攻してきます。民を守りながら移動する劉備軍は行軍が遅々として進みません。
何とか砦に退却することは成功したものの、劉備の奥方と子供(後の劉禅)が敵軍の中に取り残されていることが判明します。
その事実を劉備軍本営に伝えに来たのが奥方の警護を担当していた羅平安でした。
劉備側近の関羽張飛は羅平安を処罰(殺す)しようとします。振り上げられた
青龍偃月刀蛇矛。しかしそれらを趙雲の構える槍が受け止めます。反抗的な態度をとる趙雲に対し関羽・張飛の攻撃が襲いかかります。しかし趙雲はそれらを巧みにはじき返していきます。そんな様子を見た劉備が素早く間に入り、両者を仲介。趙雲に奥方・子供の救出を命じます。

単騎で曹操軍に乗り込んだ趙雲。奥方は既に息絶えていましたが、無事に子供を発見します。子供を背負い、曹操に突撃する趙雲。そして曹操の刀を奪って劉備軍に戻ります。
こうして信頼を勝ち取った趙雲は出世街道を走り、ついに五虎大将軍の一人に任じられます。そんな様子をいつも遠くから見つめていたのが羅平安でした。

時は流れ、共に五虎大将軍であった関羽・張飛・馬超黄忠はこの世を去りました。最後に残された老将、趙雲は4度目の北伐(南にあった劉備軍の蜀が北部にあった曹操軍の魏を殲滅することを目的とした出撃)に向かいます。
途中、共に行軍していた若い関興張苞とは別の道幅の広い道を進むことになった趙雲。道幅が広いということはそれだけ敵に囲まれる危険性が高い道でした。案の定趙雲は囲まれ、朽ちかけた砦に追い込まれることになります。
ここまで敵の行軍が速く、かつ的確であると言うことは味方の内に内通者がいるのではないかという疑惑が浮かびます。兵士の疑心暗鬼を避けるため「そんなはずはない」と語気を強めた趙雲でしたが、自らが一騎打ちで密かに負った矢傷をとっさに外套で隠します。

砦に籠城した趙雲軍と曹嬰軍(曹操の孫と言う設定だったかな?)との戦いが始まります。趙雲軍は日に日に旗色が悪くなり、ついに無謀な突撃作戦しか残された道は無くなってしまいます。味方が次々と敵の手にかかる中、趙雲の側につき従っていた羅平安は趙雲に衝撃の告白をします。

羅平安の告白の内容とは?趙雲たちはどうなる??続きはDVD等でご覧下さい


~感想~
今回は同じ三国志をテーマにしているということで、レッドクリフとの比較をしながら今作の感想を書いていきたいと思います。
まず、映像美について。
色彩の美しさではレッドクリフシリーズが勝っています。しかしながら戦いの中の土煙の様子やリアルな戦場の色味と言う意味では本作の方が優勢かなと言う感じです。
ストーリーに関しては三国志の勝利と言うところでしょうか^^
レッドクリフは二作あわせて3時間近くの上映時間を使って「赤壁の戦い」一つを丁寧に描いていますが、所々オリジナルキャラが結構重要な感じで出ていたり、コメディ的な要素も入ったりと、どこを目指しているのか中途半端な部分が有りましたが、今作では約2時間で趙雲という主人公の生と死を軸にしながら手堅く三国志の全体像を描き出すことに成功しています。個人的にはこちらの方が好感が持てましたね。
史実との整合性と言う部分では・・・うーん、引き分け(;´▽`lllA``
レッドクリフでもオリジナルキャラが出ていますし、今作でもキーを握っている羅平安・後半の敵役として一番大きい曹嬰はオリジナルキャラと言うことで、中国映画(三国志を題材にしてるもの)って肝心な所にオリジナルキャラを使う傾向が有るのかな^^;まぁオリジナルキャラを入れないと面白みが出ないって言うのは有るのかもしれないけどそれにしてもねぇ;;
日本で言うなら新撰組の中にオリジナルキャラ入れちゃうとか、関ヶ原の戦いの中にオリジナルキャラの忍者を投入するとかって感じですかねぇ・・・元々いる忍者(実在は怪しまれているが世間的に知られている忍者)の伝えられているキャラクターを少し変えてって言うことはあるにしても、そもそもゼロから新しいキャラを作って入れちゃうっていう文化は日本にはあんまりないような気がしますね(;´▽`lllA``
また、レッドクリフではラストシーンは曹操VS孫権率いる諸々の将軍というありえない直接対決になってしまっていますし、今作でも趙雲が子供を抱えながら単騎で曹操に突進して刀を奪う等「おいおいっ」と言う所も散見されます^^;

全体の完成度としては、個人的には三国志の方が好きかな。ホントに手堅くまとめて軸を趙雲からぶらさずに描き切った所が評価ポイントでした^^


その他の記事はコチラから
■自己紹介
■アクション
■アドベンチャー
■アニメ映画
■SF
■コメディ
■サスペンス(パニックムービーを含む)
■社会派映画
■時代劇
■ヒューマン(ノンフィクションを含む)
■ファンタジー
■本
■就職活動

■雑記
■トップへ戻る



■この記事を評価して、関連の人気記事もチェック!

★★★★(素晴らしい)
★★★☆(すごい)
★★☆☆(とても良い)
★☆☆☆(良い)
by TREview

テーマ : ★おすすめ映画★
ジャンル : 映画

映画76本目『トランスポーター3』

本日は久々の映画の更新。
すっかり延び延びになってしまった
『トランスポーター3アンリミテッド』
をご紹介します(*^_^*)

トランスポーター3

~ストーリー~
ある夜、主人公フランク・マーティン(ジェイソン・ステイサム)の家に車が突っ込む所からストーリーは動き始めます。車に乗っていたのは、運び屋稼業から足を洗ったフランクに対し執拗に仕事を頼む謎の組織に、「彼ならうまくやるだろう」とフランクが紹介した運び屋仲間で、瀕死の重傷を負っていました。フランクは救急車を呼び、その男を介抱しようとしていると、その男は失神しかけながらも「車・・・車から離すな。」と言いますが、フランクは何のことやら意味がわかりません。まもなく救急車が到着し、彼を載せて走り去ります。
その頃フランクは、車の後部座席にいた謎の女性に気づき、その女性との会話で彼の腕には車から20m離れると爆発する腕輪がつけられている事を知り、救急車を止めようと慌てて後を追いますが、その瞬間、救急車が爆発炎上します。

車に残っている女性のところへ戻り、フランクが色々尋ねようとしたその途端、フランクは背後から襲われ意識を失ってしまいます。その後、見知らぬ場所で目覚めた彼の腕には、例の腕輪がつけられていました…。そこへ、クライアントが現れ、フランクは否応なく仕事を引き受けさせられてしまいます。

仕事の内容は謎の女性を運ぶこと。目的地は高性能カーナビに指定したコードを打ち込むことによって伝えると言うものでした。単独行動がフランクのルールでしたが、それを伝えるとクライアントはおもむろに女性に銃を向けます。たまらずフランクは「今回は例外だ。」と言うことで、二人の旅が始まるのでした。

次第に明るみになる事件の真相と謎の女性の正体、そして相変わらずのカーチェイス
とフランクの戦闘シーン。スカッとすること請け合いのこの映画、是非ご覧ください!!


~感想~

流石に3作目になると脚本的に疲れてきてますね~(;´▽`lllA``
ストーリーは相変わらず?あんまり重要ではないのですが、アクション自体も3作観てしまうと「見慣れた」という印象です。しなやかなアクションは相変わらず健在なのですが、これはシリーズを重ねるごとに感じてきたのですが、致命的なのは「フランク(ジェイソン・ステイサム)の身長が低い」と言うことです^^;
欧米のアクション映画の主役としては少し身長と横幅が足りないので、スマートすぎて重みに欠けると言うか・・・物足りなくなってしまうんですね;;
最初はだからこそのしなやかで素早いアクションが魅力!!と言う所だったのですが、続けて観てくると飽きが出てきます。セガールやシュワちゃん系のド派手な感じを和らげる口直しアクションとしては完璧なシリーズだと思います。
(ダイ・ハードのブルース・ウィリスは、あまり体格は恵まれていないにもかかわらず、アクションはド派手と言うことで個人的にはバランスが悪く、好きになれないのですが、このシリーズは体格は恵まれていないけど、だからこそできるスマートなアクションを追求したと言う辺りは好印象です。)


その他の記事はコチラから
■自己紹介
■アクション
■アドベンチャー
■アニメ映画
■SF
■コメディ
■サスペンス(パニックムービーを含む)
■社会派映画
■時代劇
■ヒューマン(ノンフィクションを含む)
■ファンタジー
■本
■就職活動

■雑記
■トップへ戻る




■この記事を評価して、関連の人気記事もチェック!
★★★★(素晴らしい)
★★★☆(すごい)
★★☆☆(とても良い)
★☆☆☆(良い)
by TREview

テーマ : ★おすすめ映画★
ジャンル : 映画

映画75本目『トランスポーター2』

すっかりお久しぶりになってしまいました^^;更新が滞り申し訳ありません;;
理由は・・・うーん、、、怠慢!?すいません(-_-;)

そんな私が本日ご紹介するのは、先日地上波初放送された『トランスポーター3』
と行きたいところですが・・・まだ3は観れておらず、『トランスポーター2』で勘弁してください

トランスポーター2

~ストーリー~
主人公フランク(ジェイスン・ステイサム)はプロの運び屋(トランスポーター)を引退するため、
フランス南部のコート・ダジュールからアメリカのマイアミへ生活の舞台を移動させています。
そんなフランクのもとに、フランクの噂を聞きつけた連邦麻薬対策委員長ジェファーソン・ビリングス(マシュー・モディーン)から、休暇に入った正運転手が復帰するまでの間だけ、6歳の息子ジャック(ハンター・クラリー)の通学の際の送迎を頼まれます。
運び屋から足を洗ったフランクは一瞬戸惑いますが、依頼内容が子供の送迎ということで安全そうであることから、依頼を引き受けることに。
しかし、そんな彼のもとにジャックを狙ったテロリストたちが次々と襲いかかります。
懸命にジャックをかばうフランクでしたが、テロリストたちの巧みな作戦によりジャックはテロリストの手に渡ってしまいます。
ジャック奪還のため必死に抵抗を続けるフランク。テロリストたちも何度もフランクを殺害しようと試みますが、間一髪のところで危機を回避。ついにジャックの解放に漕ぎ着けます。無事にジャックとの対面を果たし安堵する両親。
しかしジャックにはテロリストのボスによって謎の注射が打たれていました。
その正体は空気感染する殺人ウィルス!ジャックの咳を吸い込んだ両親も徐々に身体が蝕まれていきます。

テロリストたちの真の狙いは、ジャックを介してジャックの父ジェファーソン・ビリングスにウィルスを感染させ、そこから麻薬対策委員会に出席するアメリカ大統領をはじめとする麻薬取締権限者たちを暗殺することでした。

フランクはウィルスの解毒剤を入手するためテロリストたちのアジトへと向かいます。
フランクの運命は?解毒剤を手に入れることはできるのか??全ては是非DVDでご覧ください。


~感想~
相変わらずのカーアクションがすごいです
フランクの車の下にテロリストたちが爆破装置を仕掛けるシーンがあるのですが、フランクは
港のコンテナを積み下ろしするための巨大なフックに引っ掛けて無事に取り外します。
このほかにも細い路地を巧みにすり抜けて警察の追跡を逃れたりと、さすがのカーアクションが進みます。観ていて爽快な気分になります。こんな感じのアクションとして近いのはスティーブンセガールの『暴走特急』なんかですかねぇ~^^

ストーリー自体は練り上げられたものという訳ではありませんが、アクションを純粋に楽しむという目線で見ればかなり楽しめる一作です。おすすめ映画です!



その他の記事はコチラから
■自己紹介
■アクション
■アドベンチャー
■アニメ映画
■SF
■コメディ
■サスペンス(パニックムービーを含む)
■社会派映画
■時代劇
■ヒューマン(ノンフィクションを含む)
■ファンタジー
■本
■就職活動

■雑記
■トップへ戻る



■この記事を評価して、関連の人気記事もチェック!
★★★★(素晴らしい)
★★★☆(すごい)
★★☆☆(とても良い)
★☆☆☆(良い)
by TREview

テーマ : ★おすすめ映画★
ジャンル : 映画

まとめプラグインv2
07 | 2017/08 [GO]| 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

コメント一覧 トラックバック一覧 プロフィール
WEBコンサルティング・ホームページ制作のバンブーウエイブ
ブログ内紹介アイテム
広告
最新記事
カテゴリー 映画検索はこちらから
ブログ内検索 映画タイトルを入力
FC2カウンター
広告その2
季節のおススメ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

あなたも始めるFC2!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。