映画って本当に良いものですねぇ~♪ 就職活動

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

就職活動 ~集団面接とは?~

久々の連日更新でございます(*^_^*)
本日は前回に引き続き就職活動について書いていきます。
いよいよ3月、そして面接が本格化してくる4月が近づいていますので、こちらの方も
急ピッチでアップの必要が有ると判断しました!本日のテーマは「集団面接」です。

これまで、当ブログでも面接に関してはいくつか記事をアップしてきました。(参考:
就職活動 ~人に好かれる人になろう!面接の極意~
上記の極意は主に面接全般の心構えにフォーカスを当てた記事となっていました。本日は具体的に集団面接という場面にフォーカスを当て、どのように集団面接を乗り切ればいいのか考えていきたいと思います。

それでは、集団面接とは何かと言う所から始めていきましょう。
集団面接は通常3~4名の志願者に対し面接官が1~2名という形で行われます。
試験時間は20分~30分程度というケースが多く一人の志願者が話せる時間はせいぜい5分~10分程度と言うところでしょうか。
流れとしては、まずはじめに自己紹介と言う形で大学名(言わない場合もあります)と氏名、場合によってはそこで自己PR等も行います。そしてそれぞれの自己紹介が終わった後に、一人ずつに対してそれぞれの自己PRや事前に提出しているESが有る場合はそちらに対する質問が有ると言う形になります。そして最後に「会社に対する質問はありますか?」と言うような投げかけを面接官がするので、それに対して挙手して質問をしたりして終了と言うことになります。
集団面接は選考の初期段階で行われるケースが多く、志望動機まで突っ込んでくるケースは少ないかと思いますが、まれに最終選考が集団面接というケースもあるので油断していると慌てますので注意が必要です。

集団面接のポイントは
「いかに周りに気を遣いながら自分をアピール出来るか」です!このブログを書いていて思うのですが就職活動ってやっぱり協調性とかコミュニケーション能力ってすごく大事だなって思います。
学生用語で「KY(空気読めない)」とかが流行った時期が有りますが、やはりKYな人は選考通過は難しいですね。ここで、集団面接KYリストを発表します!以下の事はこのページを読んでいる皆様は絶対にやらないように気をつけましょうね!!

1.入退室の際、次の人が入りやすい・出やすいようにドアを支えてあげる等の動作が出来ない。
2.自己紹介で設定された時間を大幅に超えて喋る。脈絡のない話でだらだら喋る。
3.他の人が一生懸命喋っている時に上の空。あるいはその人にプレッシャーをかけるかのように睨む・見つめすぎる(見つめすぎるのも×)
4.他の人が一生懸命喋っている時にやたらとうなずく(これも度が過ぎればただの邪魔でしかないので×)
5.自分ばかりが「喋ろう喋ろう」という雰囲気をムンムンに漂わせる。
6.面接官という目上の人に対する喋り方や常識的な態度が取れない。

これを逆転して解釈した集団面接でやりたいことリストが以下の通りです!積極的かつ自然にに以下の行動をとれるように日頃から意識・トレーニングしておきましょう。こういう動作は就活だけでなく、その後の社会人生活でもきっと役に立つものだと思いますよ^^

1.入退室の際は、次の人が入りやすい・出やすいようにドアを支えてあげる等の動作が自然にできる。
2.自己紹介では設定された時間を守り、的確・簡潔に喋ることを心がける。また、自分以外の人が大幅に喋っていると感じた場合は自分は設定された時間より更に短い時間で終わらせてあげることを心がける。(次の時間の選考を待つ人達の為だけでなく、選考時間が延び延びになるのを嫌がる面接官からもありがたいと思ってもらえる。)
3.他の人が喋っている時はその人の方にそっと体を向け、適度にその人を見つめる(目だとプレッシャーを与えるので、男性ならネクタイの結び目辺りが良い。目だけでその人を見ようとすると睨んでしまうような形になるので、自然と体ごとその人の方に向ける位の余裕が有ると良い。)
4.他の人が喋っている時は適度にうなずく(感じとしては喋っている人が大きな息継ぎをした時位に軽くうなずく程度)
5.他の人の様子をみながら、質問や発言をする。
6.面接官に対しての喋り方(多少の敬語のミスは許されますが、日頃から目上・年上の人としっかりした言葉遣いで喋る練習はしておきたいものです)や、常識的な態度を取ることが出来る。(椅子に深く腰掛けない、腕をだらしなく垂らしたり、腕組みをしたりしない等、本当に常識的な態度のことです)

今回は短めに記事を終えることが出来そうです(^◇^)
就活関連の記事を読んで頂いている方には毎回ボリュームが膨らんでしまって申し訳ありません^^;今後も就活に関する疑問やお悩み、または当ブログ内の記事に関する質問など、何でも気軽にコメントいただければ、コメントに対する返信・もしくは記事に反映と言う形でアクションを起こしていきたいと思います。宜しくお願い致します。

その他の記事はコチラから
■自己紹介
■アクション
■アドベンチャー
■アニメ映画
■SF
■コメディ
■サスペンス(パニックムービーを含む)
■社会派映画
■時代劇
■ヒューマン(ノンフィクションを含む)
■ファンタジー
■本
■就職活動

■雑記
■トップへ戻る



スポンサーサイト

テーマ : 就職活動
ジャンル : 就職・お仕事

就職活動 ~グループディスカッション突破の極意~

今月は更新頻度が著しく低く、大変申し訳ありません<m(__)m>
大学生活最後の時期と言うことでイベントが盛りだくさんに入っているためでございます^^;;
定期的にご訪問頂いている皆様にはご期待に添えない機会が多く、
本当に申し訳ありません。こんなブログでも今後とも何卒、宜しくお願い致します。

さて、本日はついに!このブログに就活に関する具体的な質問コメントが入りましたので
そちらにお答えする形での記事となります!そして今回のテーマはタイトルの通り、
グループディスカッション(通称GD)について考えていきたい
と思います。

GDとは複数(通常5名~8名程度)で一つのテーマについて討議をし、その結果を発表するまでの様子を面接官が見て次回選考へ案内するか否かを決める選考のことです。
協調性やコミュニケーション能力が取り上げられる機会の多くなった昨今、集団面接に変えてより実践的な場面での志願者の行動パターンを見たいと言う意図からGDを導入する企業が増えていると言われています。(企業側としては集団面接より時間や手間がかかるので大変ですが、頑張って導入していると言うところでしょうか。)
GDの概略を掴んだ所で、私が思うGDの極意をお伝えします。GDの極意、それは・・・
「GDは相手を蹴落とす物では決してない。相手の良さを引き出しながら自分の良さを発揮する場だ」
ということです。そしてそのために私がとった戦略は「必ず議長になる」
というものでした。一見すると議長役は圧倒的なプレッシャーで相手を蹴散らしていくようなイメージが有りますが、そうでは有りません。そういう強硬な議長をやるとGDでは間違いなく落ちます。(これは自信を持って言えます。)
そもそもGDの目的は「より実践的な場面での協調性やコミュニケーション能力を見る」というものです。そこを見ている面接官に対して強硬な議長をやったら一発アウトなのは何となくわかって頂けると思います。
そんな危険性を孕む議長を何故やるのか、私は3点の理由から皆様に議長を積極的に取りに行くことをお勧めします。

1.発言の機会が圧倒的に増える
(良くも悪くも発言できるので、評価のチャンスが他の志願者に比べて多くある。)
2.何となく自分の考えに議論の流れを誘導できる
(すると自分の考えに近い議論なので当然発言しやすい。)
3.議題が難しい時に他の志願者の意見を聞く等の調整が出来る。
(その間に自分の意見を作る・他の志願者の良い意見を取り入れることが出来る。)

1番がかなり大きな理由では有りますが、実際の場面で意外に効いてくるのが3番です。
アイデア勝負の議題を吹っかけてくるGDなんかもあるので、そういう時に3を使って時間稼ぎあるいは他者の意見を聞いてから自分の意見を作る事が出来るとかなり有利です。もちろん2番は暴走する勘違いさんを誘導するのにも有効です。
これらの利点は議長でなければ享受できないものです。タイムキーパーをやると受かるとかいう謎の都市伝説もありますが、そんなものよりは上記3つの理由から議長をやった方がGDはやりやすい(通過の可能性が高まる)と感じて頂けるのではないでしょうか?

では、具体的にどのようにして議長になるのか、そして議長としてどのようにGDを運営していけば良いのかについて考えていきましょう。
議長になるためにまず大事なのはGD会場に入る前、同じグループの人と待合室で待っている時です。意外に思われるかもしれませんがここで布石を打っておくことで、GD本番で議長を取れる可能性がぐんと高まります。しかも待合室での会話は基本的には選考には入っていないので評価対象になりません。評価対象外というリスクの低い場面で議長獲得の可能性を増やすことが出来るかなりお得な戦略です。
ここでは積極的に他の志願者(隣の席にいる人位が現実的でしょうか?)に話しかけていきます。会話のテーマは何でもいいです。「どこから来ましたか?」「他にはどんな業界みてるんですか?」「朝早くて大変ですよね。」「寒いですね。」等、本当に何でもいいです。
こうやって話しかけてその人と会話をすることが大事です。会話しながら自分の口を動かしておく(特に朝の選考等では意外と上手く口が回らなかったり、喋る気にならなかったりします^^;)ことと、自分発で会話を主導することで自分のペース・雰囲気に持っていくことが大事です。会話って気持ちの面でどうしても出し手が優位になりますよね。そういう雰囲気を二人の間で作り、更にその様子を他の志願者にも見ていてもらうことが大事です。こうすることで「あっ、あの人は何となくリーダーシップを持ってやってくれそうな人なんだな」という意識を他の志願者にも植えつけます。この状態でGD本番に入ると「私が議長をやります」と言った時にすんなり決まりやすくなります。

そして、いよいよGD本番に入ります。面接官から議題を与えられ、制限時間を告げられます。そして「それでは始めて下さい。」という声かけと共にGDがスタートします。
スタートしたら最初は「宜しくお願いします。」と他のグループメンバーに大きな声で言いましょう。この時なるべく明るく元気な声で挨拶をすることも議長を取る上で大事なポイントです。元気で明朗な雰囲気を持ってもらえるような挨拶を心がけましょう。
そして「面白い議題ですね~。」とか「やりごたえが有りそうですね~。」という声かけをすることで場の雰囲気を柔らかくします。この時「難しそうですね~。」という言葉はあまり使わないようにしましょう。“難しい”と言うのはメンバー全体のモチベーションを下げる言葉として面接官がピピッと反応する可能性が有ります。
GD中は「難しい」「無理」等の“ネガティブ”言葉は極力使用しないようにしましょう。(ただ、絵文字でアクセントを表現すると「難しそうですね~」というのはアリだと思います。難しそうだけど頑張りましょうと言う鼓舞の印象が強い雰囲気での発言ならOKですが、その辺は感じ方が難しいので極力使わないのが無難だと思います。)
そして役割を決めましょうという段階に何となく入っていきます。その時に議長を取る魔法の言葉が有ります。それは・・・
もしどなたもいらっしゃらなければ、私が議長役を務めさせていただきます。」という言葉です。
この言葉を発言してしまえば、その後にそれを聞いて「じゃあ私がやります!」と言って来る人は常識的にはいないと思います。(最悪いたら、「それではお願いします」と譲ってあげて下さい。そこで十分協調性はアピールできます。)
「それでしたらお願いします。」という流れで議長を取ることが出来ます。さらに「もしいらっしゃらなければ」という控えめな印象を出すことによって決して「自分が自分が」という印象にならず、かつ限られた制限時間の中で、役割決めで無駄な時間をロスすることなくスマートに議長役を拝命することが出来るわけです。

こうして議長になった後は、制限時間から逆算して議題について個々に考える時間を設け、時間終了後に全体から意見を聞きます。この時、議題がもし難しくて自分では良い考えが出ていない場合には「それでは、考えのまとまった方からお願いします。」と言って他の人の意見を聞いてから最後に自分の意見を出せばいいし、ある程度良い意見が自分で出せそうな場合は「それでは私から考えを発表していきますね。」と言う流れで、議題の流れを自分の考えに近づければOKです。
この辺が柔軟に使い分けられるのがホントに議長冥利に尽きると言うか、やりやすい所です(笑)
そして全体の意見をまとめていきます。二つの意見で対立した場合はその二つが共通する部分を探し出し、妥協点を見つけていきます。その際、あまり発言出来ていない志願者がいる場合は「○○さんはいかがですか?」のように意見を出しやすいようにパスを出してあげると「周りへの配慮が出来る人」として協調性の高さをアピールできます。
(その志願者も嬉しいでしょうし。この辺りが「相手の良さを引き出しながら、自分の良さを発揮する」所です。)
尚、この時○○さんのように他の志願者の名前をしっかり呼んであげると言うのもポイントです。単純に「あなた」等ということも出来ますが、GDではディスカッションに入る前にお互いに自己紹介をしているのが普通です。その際に大学と名字位は言うはずなので、それをしっかりメモしておき、名字でしっかり呼んであげると志願者も嬉しいだろうし面接官にも「今選考だけの付き合いという関係でも、しっかり名前を覚えてコミュニケーションを取ろうとしている。」と言うことで評価が高まるかと思います。
そして発表段階では「どなたか発表したい方はいらっしゃいませんか?」と振ります。そうすると大体「自分発言出来てなくてやばい」と思っている人が手を挙げますので、その人に任せます。(逆に発表も自分でやっちゃうと議長も発表もってなるので、一人で何事も抱えてしまう人という印象を与えかねません。どうしてもやりたい人がいない限りはどなたかにやってもらうのが賢明です。)

これがGDでの議長の取り方・運営の極意です。
本当は集団面接についても書きたかったのですが長文になっているので今回はここまで。
最後に注意点としては「それでも、議長に向かない人はやはりいる」と言うことです。
この記事を読んで、冷静に考えて「議長の魅力は分かったけどなんか恥ずかしくてうまくできそうにない」という方は無理してこれをやらなくてもOKです。普通にGDに参加していても通過する人はたくさんいます。
自分にあった突破法を見つけると言うのが最終的には一番だと思いますので、今回の方法はあくまでも様々にある方法の中の一つと言うことで、心のどこかにしまって置いて頂ければと思います。

その他の記事はコチラから
■自己紹介
■アクション
■アドベンチャー
■アニメ映画
■SF
■コメディ
■サスペンス(パニックムービーを含む)
■社会派映画
■時代劇
■ヒューマン(ノンフィクションを含む)
■ファンタジー
■本
■就職活動

■雑記
■トップへ戻る




テーマ : 就職活動
ジャンル : 就職・お仕事

就職活動 ~ES突破の極意~

こんばんは(*^_^*)しゅんです。
本日は久々に就活の記事を書かせて頂きます!!
実は最近就活の記事はさぼり気味(すいません)でしたが、
就活生*  さんよりコメントを頂きまして、これは是非やらなければと奮起致しました^^
就活生* さん、ありがとうございます<m(__)m>

いよいよ本格的に就職活動がスタートしています。
説明会の予約をして実際に会社に行く機会が増え、エントリーシート(ES)を作成し
中には一次選考位が始まっている方もいらっしゃるかと思います。
本気でESを書いてみると、意外とうまく書けなくて苦しんでいる方もいらっしゃるかも
知れません。本日はそんな方向けに、ES突破の極意をお伝えします!!

ESで聞かれることは基本的に
大学時代一番頑張ってきたこと(自己PR)と志望動機
の二点です。中には色んなことを聞いてくる企業も有るかもしれません
(例えば○○業界の抱える問題点をどのように認識しているか等)。
そういった質問もコアな部分は自己PRと志望動機を変化球的に聞いているにすぎません。
まず、このことを頭に入れておくだけでも大分違ってくると思います。

それでは、具体的な書き方について。
自己PRで使う部分の見つけ方については過去記事の
『自分の強みの見つけ方』
伝え方に関しては
『自分の強みを正しく伝えるには?』の辺りも参考にして頂ければ
と思いますが、本日は具体例を挙げながら、どのように自己PRを考えていくかを
書いてみます。

例:
アルバイトについて書こうと思っているAさん。アルバイトは地元のコンビニであまり
忙しくありません。特に任された仕事もなく、商品補充やレジなど一般的な業務が
基本的な仕事です。時給は820円ほどであまり高くなく、途中で他のバイトをしようと
考えたことも有りましたが何となく今まで3年間続けています。

こんな条件でESを書くとしたら、どうでしょうか?
「こんなありふれたバイトの話じゃ絶対通らないでしょ」と諦めちゃった方、
それは大きな誤解です。就活におけるESや面接は一芸発表の場でも無ければ、
自分しかしなかった経験をひけらかす場でもありません。
当たり前の事柄でもそこから何を学び、将来その会社でどのように活かせるかを
しっかり伝えるための場です。

それでは、一緒に考えていきましょう。
このバイトをAさんは3年間続けています。まず、どうして時給もそんなに高くないのに
3年間続けられたのでしょうか?その仕事に不満が無かった、もしくは楽しい点が
有ったのではないでしょうか?
だとすれば楽しい点は何だったのか探してみます。すると、お客さんと交流が出来た
ということが思い浮かびました。「地元のコンビニで忙しくない」ので、お客さんとお話を
する機会も多くありました。中には決まった時間に来店するお客さんもいて、
そういった方が購入する物は自然とAさん自身も覚えてしまう位交流が有りました。
となれば今度は、実際の交流場面を思い出します。「いっつも笑顔で良いね。なんだか
嬉しくなるよ。」なんて言葉をかけてお客さんがいつも買っている缶コーヒーを自分にもくれたな。なんてエピソードが思い浮かぶかもしれません。
となれば今度は、どうして自分はそんなに笑顔で接客したんだろう?と言うことを考えます。ぶすっと接客しても時間さえ経てばお金はもらえるわけで、言ってしまえばAさんはしなくても良いサービスをしていることになります。(もちろんマニュアル上は笑顔でとか書いてあるかもしれませんが^^;)
Aさんがお客さんを喜ばせ、お客さんの言葉によってAさん自身も嬉しい気持ちになった、それが何となくやめられない原因になっていたとしたら、
「お互いにハッピーになるため」という考えが浮かびます。
ここまで考えてくれば大体見えてきます。後はこのエピソードから一般抽象化を行います。
「やらなくても良い笑顔をプラスしたサービスでお客さんに喜ばれ、それにより自分も嬉しい気持ちになった」と言うことは・・・
「お客さんの喜びが、自分自身の喜びとして感じられる」あるいは「+αの行動で相手に更に満足してもらうことが出来る」
というようなことが言えるのではないでしょうか?これで自己PRに使うフレーズと具体例が導き出せました。

あとは、これをもとに文章を作ります。以下自己PRの感じ↓
『私は、+αの行動で相手に更なる満足を提供することが出来、それを自分自身の喜びとして感じることが出来ます。この姿勢を身につけたのは大学三年間で続けているコンビニエンスストアでのアルバイトでした。その店は地元の駅から少し離れた住宅街の中にあり、あまりお客さんは多くありません。そのため、お客さん一人一人と丁寧に交流することが出来ました。~』
みたいな感じでしょうか。字数に余裕が有れば具体例も記入しますし、余裕が無ければ
具体例はアウトラインを残し無駄を省いていきます。
欲を言えば「目に見える結果」を書ければ尚良しです。例えば、今まで入れていなかった商品を入れ、それが好評で売り上げに貢献する結果を得たとかいうエピソードが
有ればいいですね。今回の例では目に見える数値的なものが示せないので自己PRの結論部分が少し弱くなってしまいますが、それでも+αの行動でより高い満足を与えることに喜びを感じることが出来る自分を十分に伝えられる自己PRとなっています。
就活本等でよく「どうしてを繰り返す」とか「どうしてに5回耐えられるES」とか言われていますが、そうした「どうして」は上記の赤で強調した部分の事を言っています。この「どうして」を積み重ね、それを丁寧にESに記載することで自己PRに厚み(信頼感)が生まれてくるのです。

続いて志望動機。これについては色々な書き方が有ると思いますが、私自身は
その業界の展望・社会における重要性などを書き自分の強み(自己PR)をその会社で活かすことでより社会に(会社に)貢献できるから志望した。
という流れで書いていました。
ただ、ここでお伝えしたいことは「志望動機は深追いするな」と言うことです。
志望動機は会社によって異なるので、受ける会社が増えれば増えるほど志望動機を考えなければならない社数が増えてしまいます。20~30社近くエントリーする現在の就活で、全ての会社の志望動機を深追いしていると時間が無くなります。私自身は
「自己PRで80点、志望動機で60点、平均70点で通過」
をモットーというか作戦として臨んでいました。
自己PRは複数の会社に使いまわせるのでそちらを高めて得点源とし、志望動機は業界や会社のことについて調べ、基本的なことを理解した上で自らと合っていることを証明して内定を勝ち取る作戦です。省エネ出来るのでおススメです!


今回も長文になってしまいました。短く簡潔に書くことが出来ないのが課題ですね(笑)
今後も就職活動については書いていこうと思いますが、どんなネタで実際の就活生の
皆様が悩んでいるのかわからず、苦心しております。何か記事にして欲しい事等
有りましたら是非是非コメント欄に記載頂ければと思いますので、宜しくお願い致します。

最後にお得な情報を!現在、多くの大学では試験期間の時間割が発表ないしは、
試験が始まっています。これにより、当初取っていた説明会に参加できなくなる学生が
発生します。彼らは説明会をキャンセルしますので1月下旬の説明会は比較的
前日キャンセル等が出る可能性が高いです!!
『就職活動 ~説明会が取れない?~』
にもキャンセル待ちの時期を記載していますが、この時期もチャンスです!試験の無い方は今のうちに説明会まわってみましょうね!!

その他の記事はコチラから
■自己紹介
■アクション
■アドベンチャー
■アニメ映画
■SF
■コメディ
■サスペンス(パニックムービーを含む)
■社会派映画
■時代劇
■ヒューマン(ノンフィクションを含む)
■ファンタジー
■本
■就職活動

■雑記
■トップへ戻る




テーマ : 就職活動
ジャンル : 就職・お仕事

就職活動 ~企業説明会が取れない!?~

本日は就職活動について書いていきたいと思います。

いよいよ11月が目前に迫ってきました。企業の中には2012年卒を対象とした
採用活動を11月から本格化させていく所も有ります。更に学生の方でも
学祭や大会などの大きなイベントが片付き、いよいよ就活に本腰を入れ始める
季節になってきます。この時期にスムーズに就活モードに切り替えることが出来るか
出来ないかで、この後の就活の明暗が大きく左右されてくる
と言っても過言ではない位、実は大切な時期が迫って来ています。

何故、大切なのか・・・もちろんタダで!!w お教えします。
この時期から本格的に動き始めることが大切な理由、それは・・・
企業説明会が続々と始まり、色々な企業・業界を見て自分の眼を肥やす必要が有るからです!
企業説明会は自分自身が働くにあたって何を大切にするかを見極める機会です。
興味が無い企業にも積極的に行ってみましょう。私自身の例で言えば
保険業界の社員の方と、メーカーの社員の方では同じ人事職でもやはり雰囲気が違います。更に同じメーカーでも会社によって雰囲気が違います。
もっと言えば、会社の規模によっても違います。業界大手と言われる会社と中堅と言われる所ではまた雰囲気が違います。勿論狙っているターゲットや将来のビジョンも違います。
まずは、業界ごとの社員の方の雰囲気の違いを感じてください。そして自分に一番合う、
自分が一番居心地のいい業界を探してみてください。
「どの仕事が自分に合うかわからない」・・・当たり前です。
なんにも動いていない、あるいは特定の企業しか見ていない状態では当然何が自分に合うかわかりません。
色んな企業を(興味のあるなしに関わらず)見ることで比較対象を作り、相対的な判断で自分に合う会社を決めていく
のです。実際にいくつか回ってみて、それまであまり興味が無かったのに居心地が良いと感じる業界・会社があった場合は、もしかしたらその業界に適性が有るのかもしれませんよ?

さて、ここまで読んで頂いた方の中には
「企業説明会には行きたいと思って頑張ってるのに、いつも満席で取れない」
と不満を漏らす人がいるかもしれません。
確かに年々企業説明会の席を予約することは困難になって来ているようです。近頃では就活の為にi-phoneに変えるのがさも常識のような報道も有ります。(報道が有るからと言って安易に乗せられてはいけません。)結論から言うと・・・
就活においてi-phoneは必須アイテムではありません!!
就活以前からi-phoneを使いこなせているなら就活においても便利なツールになるとは思いますが、就活だからと言ってi-phoneに変えると言うのは逆に使い慣れていないツールを身につけて行動することになり、何かと大変だと思います。
「就活始めるし、i-phoneに変えようかな・・・」こんな感じで就活=i-phoneって考えている人、気をつけて下さい。

閑話休題。それではi-phoneを使わずに企業説明会をしっかり予約する方法をお教えします。
企業説明会を取るタイミングは主に三回あります。
企業説明会の予約が開始されたその日(というか開始された直後の時間)
予約開始日から1~2日後の夜22時頃~24時過ぎ
企業説明会開催日の前々日・前日の夜22時頃~24時過ぎ
です!
①は当然だと思います。多くのライバルを押しのけて回線を繋がなければなりません(;´▽`lllA``
ここでそんな競争を勝ち抜く方法を一つご紹介しておきます。皆さん、お手元のキーボードをご覧ください。キーボードの真ん中上に「F5」というキーが有りますね??それを押してみてください。・・・なんかパソコンがガチャガチャして白い画面になってもう一回この画面が出ましたね??「F5」キーはインターネットをしている時に「リロード」という命令をパソコンに送るキーなのです。
リロードと言うのはいったん読み込んだデータを、読み込みし直すことです。「再読み込み」「更新」とも言います。回線が混雑していて会社説明会の画面がうまく表示されない場合にリロードを実行することで、正しく表示されるようになる場合があります。
リロードを押して10秒程度しても右下の緑のバーが微動だにしないような状態では、繋がる可能性は低いです。再リロードを行い、緑のバーが10秒くらいでちょっとでも動くようになるまでリロードを繰り返しましょう。

これを適切に使うことでうまく繋がる可能性がぐんと高まります。

続いて②について。
企業説明会の予約開始日当日は興奮しているので、勢いで予約を取ってしまう人と言うのが必ずいます。そして、自分が予約を取った日に別の予定が入っていたことに気付き、愕然とする人が必ずいます・・・。
(このページを読んだ方はそんなミスを自分がしないように気をつけましょう。勿論スケジュール帳は準備できていますよね?)
そういう人は大体予約開始日の次の日から二日後位までにキャンセルをします。なのでそのタイミングを狙います。多くの人は①で一生懸命になり、不運にも説明会を取ることが出来ないとそこであきらめてしまいます。②のタイミングを虎視眈々と狙っている人は①でのライバルの数よりは遥かに少数ですので、ここを見逃してはなりません。

更に③について。
③は予約開始日には予定は無かったけれど、説明会の予約を取った日に近付いて来て、急に大事な予定が入ってしまった人がキャンセルを行うパターンです。もしくは②で紹介したパターンの人で直前まで予約をキープしておいたものの結局キャンセルするパターンです。
どちらにしてもこのタイミングも逃してはなりません。

②や③でもリロードを駆使して効率的に予約できるか確認しましょう。リロードを知っている大学生は意外と少ないようなので、覚えておいて損はないと思います。
更に、時間を22時~24時としているのは、大体の学生が就活をしている時間がこれ位の時間だと考えられるからです。昼間は多くの学生は授業が有るので、あんまり頑張ってリロードしても仕方ないかもしれません。逆に深夜もそんな時間まで就活のことをやっている人はいないと感じたので、これ位の時間をゴールデンタイムとして紹介しました。


ここまでやっても予約が取れなかった方で、どうしてもその企業の説明会に行きたいと言うあなた!・・・当日行っちゃえば良いじゃないですか
そして人事の人に正直に言いましょう。
「予約は取れなかったのですが、どうしても御社の説明会に参加させて頂きたくて参りました。もし、お席に余裕が有るようでしたら最後に入れて頂く事はできませんか?」
よっぽどキャパシティいっぱいに人が来てしまっている時でなければ入れてもらえると思います。企業としてもそこまでして来てくれる学生がいるっていうのは嬉しいはずですし。


今回は長文になってしまいました<m(__)m> でもここまで読んでみて
「説明会予約、なんとかなりそうだ。」
って少し気楽に感じてもらえればと思います。予約開始日一回だけがチャンスでは有りませんし、予約が無くても入れる可能性はゼロでは有りません。就活ではとにかく動いた人が勝ちです。熱意が有るなら行動で示しましょう



その他の記事はコチラから
■自己紹介
■アクション
■アドベンチャー
■アニメ映画
■SF
■コメディ
■サスペンス(パニックムービーを含む)
■社会派映画
■時代劇
■ヒューマン(ノンフィクションを含む)
■ファンタジー
■本
■就職活動

■雑記
■トップへ戻る


テーマ : 就職活動
ジャンル : 就職・お仕事

就職活動 ~興味って何??~

連日アップしていきますよ~

本日は久々に就職活動について少し書きたいと思います。(映画は観る時間無い^^;)
幸い私も「就職活動を無事に終えた4年生の先輩」ということで、大学内では
後輩達(特に3年生)から就活について色々と相談を持ちかけられることが有ります。

こうした機会の中で、非常にもったいないと思うことが何人もの口から聞こえてきたので
ここでご紹介したいと思います。そのフレーズは
「○○業界には興味が無いので、会社説明会とかに参加するつもりはないです」
というものです。この○○の部分には色々な業界が入ってくるのですが、とにかく聞こえてくるのは「興味が無い」というフレーズです。

・・・ホントに興味が無いのでしょうか??調べてないから知らないだけでは?
そう思って「どうして興味が無いの?」と聞いてみると「あんまりおもしろいと思えない」
という返答。「では何が面白くないの?」と聞くと「・・・わかりませんけど、何となく。」
大抵の場合はこのように、結局その業界について良くわかっていなかったということがわかります。

勿論、どんなに話を聞いても分からない業界と言うのは有ります。
私自身も説明会に参加して散々話を聞いても何が面白いのかわからない仕事と言うのが有りました。(これは個人的な感想なので具体的な業界名は避けますが。)
話を聞いても分からなくてその業界には興味が持てないと言うなら問題はありません。
しかし、調べてもいない状態で「興味が無い」と言ってしまうのは、言いすぎだと
思われるかもしれませんがただの怠慢だと言えます。
「興味が無い」と言うフレーズは「調べていない」という自分の行動を棚上げにして、相手業界のせいに出来る魔法の言葉です。これを連発しているなと思い当たる人は再度自分の志望業界や今後の会社説明会の参加スケジュール等、検討してみてください。


それでは何故、「興味が無い(知らない)」と言うのがもったいないのかについて説明します。
理由は大きく2点あります。
興味が持てない(知らない)業界は大抵BtoBで最終消費者の立場からは見えにくい
業界である。
→他の就活生も興味を持ちにくい業界である。
→選考に応募する学生の絶対数が少なくなる可能性を内包する業界である。
→競争相手が少ないと自分が採用される可能性が高まる。

興味が持てない(知らない)業界は大抵BtoBで最終消費者の立場からは見えにくい
業界である。
→しかしBtoBという特性上、あなたが興味のある(知っている)業界と実は密接な取引が有る業界である。
→最終消費者としての視点だけでなく、会社同士の繋がりまで業界研究が深まっていれば、普通の就活生では気付かない問題提起が出来る可能性が有る。
→選考において有利になる。

まずは①から。
例えば、お菓子メーカーはそれだけで大量の就活生を集めることが出来ます。これは日頃から慣れ親しんでいて知っているからです。
それでは、例えば段ボールを作る会社なんてどうでしょう?・・・ピンとこないと思います。
しかし、日本では様々な用途に段ボールが使われていますね?勿論お菓子を工場からお店に運ぶのにも段ボールが使われています。あのシェアを独占することが出来たらどれだけの利益が出るでしょうか??
段ボールを作る会社は直接最終消費者には見えにくい会社です。
となると当然他の就活生も興味を持ちにくい(知らない)業界になります。あなたが今必死になって会社説明会を取ろうとしている会社に比べて、ライバルは少なそうだと感じませんか?しかも、段ボールの需要がある日突然無くなると言うことは・・・想像できませんね??段ボールが必要とされない時代が来るとしたら、それはドラえもんの世界のように4次元空間を物がテレポートできるようになる時代でしょう。
そんな時代はおそらくそんなに直近の数十年ではないと思います。となれば、事業も比較的安定していると思いませんか?
勿論、同業他社との競争などは有ります。しかし、それは段ボール業界に限った事では有りません。就活生のライバルは比較的少なく、事業も安定しているとなれば、段ボール業界を「興味が無い(知らない)」と言って説明会すら受けに行かないのは勿体ない気持ちになってきませんか?

続いて②について。
先程同様、お菓子メーカーと段ボール制作会社を例にとって話を進めます。
お菓子メーカーと段ボール会社は現在は密接な取引が有ります。
しかし、お菓子メーカーは本当に段ボールが必要ですか?
最終消費者にお菓子と一緒に段ボールもおまけにあげるとかなら段ボールも必要ですが、最終消費者はお菓子を求めているのであって段ボールは求めていません。
(車に積む際に段ボールに荷物を詰める程度)
だとすれば、段ボール以外により良いお菓子の運び方が有るかもしれません。
例えばプラスチック製の箱で、簡単な操作で箱状にしたりつぶしたり出来るものが有ります。
あれを使うことで、段ボールを購入するコストを下げることが出来れば、販売するお菓子の価格も今より下げることが出来るかもしれません。そうしたら消費者には「お買い得」感が生まれて、同業他社との競争に勝てるかもしれません。
こうした視点は、お菓子業界だけを調べていてはなかなか着想するのが難しい発想です。
このような『業界同士の繋がり』は無数にあります。
「段ボール制作会社なんてメジャーじゃないし、なんか丸め込まれた気がするな・・・」
と言う方の為に他の業界でも例を示しておきます。
例:
旅行業界は旅行者の旅行先でのトラブル回避のため、一括で保険に入る等している。
保険業界と繋がりが有る。
保険業界は顧客から集めたお金を、証券会社を経由して投資したりしている。
→証券会社(金融業界)と繋がる。
証券会社は様々な業界から投資回収できそうな業界に投資を行う。(例えば新築マンション着工数が最近増加したので不動産会社に投資したとします)
不動産業界と繋がる。
不動産業界では今後の高齢化社会への対応へ向けてバリアフリー住宅や介護施設の強化を行う。
介護・医療業界と繋がる。
医療業界ではインフルエンザ等の際、各地の病院での症例を集めて素早く警告を発令するシステムを強化する。
システム業界と繋がる。
システム業界では今まで、「長年の勘」のようなものに頼って来た農業をシステム化できないかと考える。
食品業界と繋がる。
食品業界ではより効率的な物流網の構築を考える。
物流業界と繋がる・・・

ざっと考えてもこんな感じになります。その続きも延々考えられますが、ともかく一番言いたいことは『業界同士は繋がっている』と言うことです。様々な業界の説明会に参加する中でその繋がりに気づき、そこを他の就活生とは違う視点として持っていると、志望動機も通り一遍なものではない独自色のある力強いものになっていくと思います。


その他の記事はコチラから
■自己紹介
■アクション
■アドベンチャー
■アニメ映画
■SF
■コメディ
■サスペンス(パニックムービーを含む)
■社会派映画
■時代劇
■ヒューマン(ノンフィクションを含む)
■ファンタジー
■本
■就職活動

■雑記
■トップへ戻る



■この記事を評価して、関連の人気記事もチェック!
★★★★(素晴らしい)
★★★☆(すごい)
★★☆☆(とても良い)
★☆☆☆(良い)
by TREview

テーマ : 就職活動
ジャンル : 就職・お仕事

まとめプラグインv2
09 | 2017/10 [GO]| 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

コメント一覧 トラックバック一覧 プロフィール
WEBコンサルティング・ホームページ制作のバンブーウエイブ
ブログ内紹介アイテム
広告
最新記事
カテゴリー 映画検索はこちらから
ブログ内検索 映画タイトルを入力
FC2カウンター
広告その2
季節のおススメ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

あなたも始めるFC2!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。